6月12日(土)、「超逆境クイズバトル!!99人の壁」(夜7:00-9:00、フジテレビ系)が放送される。「音楽業界のプロ99人をやっつけろSP」と題し、「平成・令和ヒットソング」「ドラマソング」「男性グループ」「アニソン」の4ジャンルにまつわるクイズが行われる。今回の“壁”は、「ビクター」「エイベックス」「キングレコード」「日本コロムビア」といった音楽レーベルの社員など、“音楽のプロ”たち。さらに、プロのアーティスト軍団として、純烈、AKB48、櫻坂46のメンバーらも集結する。

そして、そんな“99人の壁”に挑むチャレンジャーはA.B.C-Z・河合郁人。「ジャニーズクイズ」で出場した前回の放送では、ファイナルステージまで進出したが、ジャニーズファンのブロッカーに阻まれ無念の敗退となった。

河合は「ジャニーズのファンって知識量がハンパないんですよ!」と前回の敗因を振り返り、今回はあえてジャンルの幅を広げ、「男性グループ」にまつわるクイズでリベンジを誓う。そして、Snow Man、King & Princeといったジャニーズグループに関するクイズを難なくクリアする。

「カラオケ穴埋めクイズ」でも、シャ乱Q、GLAY、B’zのヒットソングを熱唱するなど幸先の良いスタートを切った河合だったが、今回も“99人の壁”が襲い掛かる。

一方、「巨人の星」の星飛雄馬、「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ、「美少女戦士セーラームーン」のタキシード仮面をはじめ数々のキャラクターを演じてきた声優・古谷徹が番組に初参戦する。

古谷を“レジェンド”とあがめるMCの佐藤二朗のために、古谷は“キャラクターボイス七変化”を披露。アムロ・レイ、「ドラゴンボール」のヤムチャ、「聖闘士星矢」のペガサス星矢、「ワンピース」のサボ、「名探偵コナン」の安室透、タキシード仮面、星飛雄馬の7人を即興で演じ分け、スタジオが盛り上がる場面も。

しかし、古谷は「クイズが本当に苦手で、いつも早く帰りたくなっちゃう(笑)。今日も緊張しています」と話す。また、古谷は中川翔子と桜 稲垣早希の二人と“”芸能界最強アニメ軍団”を結成し、アニソンレコード会社軍団を相手に激闘を繰り広げる。

その他、「ドラマソングクイズ」には、テレビ解説者の木村隆志が挑戦。トレンディードラマ全盛期を彩った小田和正、CHAGE and ASKA、DREAMS COME TRUEなど、トップアーティストたちの名曲にまつわるクイズが出題される。