映画「地獄の花園」(公開中)の「全国再開夜露死苦! ヒット御礼舞台あいさつ」が6月10日に東京都内の劇場で行われ、出演者の永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、遠藤憲一が登壇した。

同作品は、バカリズムが脚本を手掛けた日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大な物語。普通のOL生活を送る直子(永野)の職場にカリスマヤンキーOL・蘭(広瀬)が中途採用されたことをきっかけに、直子の会社は全国のOLたちから狙われてしまう、というストーリーだ。

舞台あいさつでは、4人がそれぞれ見どころを告白。

永野は「蘭がひたすら人を倒しているのに、私(直子)の前では普通のOLになるのですが、その切り替えがすごく好きで! この映画の中で一番“ヤンキーOL”というのをしっかりやられている」と明かす。

一方、広瀬は「今回は皆さん、ガチのアクションなんです。そんな中で、(蘭が)男性陣と闘う場面がありまして、(撮影では)朝8時からバックドロップをしたのですが、それがすごく思い出に残っているので、ぜひ見てほしいです」とにっこり。

また、菜々緒は「(キャストの)皆さんが一気に闘うシーンはやっぱり迫力がありますし、一丸となって撮影したので一番思い入れがありますね。あと、給湯室のシーンは、結構みんな(笑いの)ツボにハマって笑いの連鎖が起こってしまって、みんなNGを出しまくるという…(苦笑)。笑いをこらえつつ頑張ったシーンでもありますので、ぜひ見ていただけたら!」と語った。

ほか、遠藤は「(倒す動きを)やる側のアクションもすごいんですけどやられる側も大変で、(倒された後で)ずっと寝っ転がってるんですけど、疲れて本当に寝ている人もいたくらいで。だから、やられる側も少しは見てあげてほしいですね」と愛情深いコメントを寄せた。