映画「地獄の花園」(公開中)の「全国再開夜露死苦! ヒット御礼舞台あいさつ」が6月10日に東京都内の劇場で行われ、出演者の永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、遠藤憲一が登場した。

同作品は、バカリズムが脚本を手掛けた日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大な物語。普通のOL生活を送る直子(永野)の職場にカリスマヤンキーOL・蘭(広瀬)が中途採用されたことをきっかけに、直子の会社は全国のOLたちから狙われてしまう、というストーリーだ。

舞台あいさつでは、「もしもまたこの4人で何か別の作品を撮るとしたらどんなものがいいか?」という質問に、永野は「“ヤンキーOL”のイメージが強過ぎちゃって、すぐには思い付かないけど…」と悩みながらも、「血のつながらない家族とかいいかもしれないですね」とコメント。

一方、広瀬は「今回はコメディーだったので、完全にシリアスなものとかやってみたいですね」と語り、「全員が悪者みたいな(笑)」とにやり。

そんな中、菜々緒が「ここまでぶっ飛んだ作品をやった後なので、またちょっとぶっ飛んだものがやりたいなと思って。そこで考えたんですけど『ボーイズラブ的な作品は多いけど、ガールズラブみたいな作品はないな』と思って、私がかわいい二人に取り合われたいです!」と告白。

すると、遠藤が「そのガールズラブに混ぜてよ! ベテランのガールやるからさ。『恋はいつまでもするものよ』とか言ってさ(笑)」と悪乗りして会場を沸かせていた。