6月14日(月)放送のテレビアニメ「フルーツバスケット The Final」(毎週月曜深夜1:30-2:00ほか、テレビ東京系ほか)第11話に登場する神様のキャラクターボイスを、神谷浩史が担当することが分かった。神様のキャラクタービジュアルも公開され、神谷は「この奇跡のような作品を多くの方に受け止めてほしい」とコメント。



「フルーツバスケット」は、「花とゆめ」(白泉社)で1998年から2006年まで連載された高屋奈月による少女漫画で、コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。

唯一の家族だった母親を亡くした女子高校生で主人公の本田透(CV:石見舞菜香)は、縁あってクラスメートの草摩由希(CV:島崎信長)やその親戚の紫呉(CV:中村悠一)、夾(CV:内田雄馬)たちと暮らすことに。しかし、“十二支の物の怪憑き”である草摩家には、代々異性に抱きつかれると、つかれた物の怪に変身してしまうという秘密があった――というストーリー。

今回、神様のキャラクタービジュアルと同時に公開された第11話の先行場面カットには、透と夾が愛おしそうに互いを見つめ合う姿や、神様が猫を大事に抱きかかえる姿が描かれており、「さようなら」というタイトルとあいまって、ついに物語がクライマックスに突入することが伺える。

※島崎信長の“崎”、本来は「立」さき
■神谷浩史コメント

一度映像化された作品が、原作の最終回まで同じように映像化するには相当な覚悟や作品に対する深い愛情があったのだと思います。

そのたどり着いた最後に僕の声というのはとてもプレッシャーでしたが、とても光栄なことと思い音を紡がせていただきました。この奇跡のような作品を多くの方に受け止めていただけたら幸いです。


■第11話「さようなら」あらすじ

退院した透は、夾を前にしてつい逃げ出してしまう。会ったら笑おうと決めていたのに。うじうじ引きずらないように、皆を、夾を困らせないようにと笑う特訓までしていたのに、涙があふれて止まらない。

しかし、夾の口から発せられた「一緒にいたい」という言葉が、透を、夾を無敵にする。それは約束の終わりを意味していた。