6月12日(土)昼2:30から「ホワイトボディ」(テレビ朝日系)が放送。オードリー・春日俊彰率いる全身真っ白な8人の“ホワイトボディ軍”が、安田大サーカス・クロちゃん扮(ふん)するカラフル王国の国王・クロ王によって仕組まれた仕掛けをすり抜け、白い体を汚さずにアトラクションのクリアを目指す。

“ホワイトボディ軍”のメンバーには、リーダーの春日をはじめ、新体操元日本代表選手の畠山愛理、現在放送中の「仮面ライダーセイバー」(毎週日曜朝9:00-9:30、テレビ朝日系)で主演を務める内藤秀一郎、体の柔らかさには自信があるという乃木坂46・和田まあやなど高い身体能力を誇るメンバーが集結。

また、10年以上ヨガを続けて体の柔軟性に期待ができるアンジャッシュ・児嶋一哉や、元自衛隊芸人のやす子、朝日奈央、Wエンジン・チャンカワイも力を合わせ、カラフル王国からの脱出を狙う。

■オードリー・春日俊彰が大失態!

ファーストエリア「すり抜けろ!カラフル蜘蛛の巣エリア」では、四方八方に張り巡らされた、カラフルなクモの糸を、体をくねらせて避けながら脱出を目指す。

アメフトで鍛えた瞬発性に加え、最近はエアロビで柔軟性を手に入れた春日は、リーダーとしていいところを見せたいところだが、メンバーから「最悪!」と罵声を浴びるまさかの大失態をしでかしてしまう。そんな中、桁外れな柔軟性を持つ畠山が“ホワイトボディ軍”の窮地を救うため、アトラクションにチャレンジする。

■“絶対的な集中力”が試される!

また、セカンドエリア「避けろ!カラフル召使いエリア」では、コースに立ちふさがるカラフルなボディーを持つ「召使い」たちが振り回す腕を、タイミングよく避けてゴールを目指す。

回転速度や高さなどバラバラなこのステージは、腕に当たると一瞬でゲームオーバー。そんな「瞬発力」が求められる同アトラクションには、内藤とチャンカワイが挑戦。すると、全員がノーマークだったチャンカワイが奮闘し、油断していたクロ王が驚きを隠せない展開が巻き起こる。

そして、サードエリア「そろ〜りそろり!カラフルボムエリア」では、特殊な帽子をかぶり風船ボムで囲まれたせまい一本道を慎重に抜け出すアトラクションにチャレンジ。帽子が風船に触れると即爆発してしまい、純白の体もカラフルに。

さらに進んでいくと、地獄の足つぼロードや、進めば進むほどギリギリになっていく強制しゃがみゾーンなども登場し、“絶対的な集中力”が試される。

簡単そうに見えて難しい足つぼエリアで、次々と風船ボムの餌食になる“ホワイトボディ軍”。難関エリアで次々と脱落者が出る絶体絶命の中、最終エリアを攻略し、ラストに待ち受ける巨大モンスターを目指す。