佐藤栞里が7月スタートの日曜劇場「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)で、連ドラ初レギュラー出演することが決定。主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・涼香を演じる。

物語の舞台は“TOKYO MER”という救命救急のプロフェッショナルチーム。MERとはモバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌で事故や災害、事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すことがミッションとなる。

鈴木が演じる喜多見はTOKYO MERのチーフドクターで、自らの危険を顧みず現場に飛び込んでいく勇猛果敢ですご腕の救命救急医。

そして、佐藤演じる涼香は入院している子供たちやその家族をサポートするNPO法人のスタッフで、救命救急に情熱を燃やす兄の一番の理解者。優しい笑顔で患者やTOKYO MERのメンバーを癒やす存在に。喜多見との強く温かいきょうだい愛もこのドラマの重要な要素となるが、その絆の裏にはある過去の秘密も隠されている。

佐藤は「コウノドリ」(2015年TBS系)にゲスト出演した経験はあるものの、連ドラレギュラーは今作が初。既に撮影は始まっているが、スタッフからは「正直驚いた。初めての連ドラとは思えないほど、伸び伸びとした素晴らしい演技」「モニター越しの笑顔にめちゃくちゃ癒やされる」など、評価は上々だという。