高杉真宙が、7月10日(土)スタート「ホメられたい僕の妄想ごはん」(毎週土曜夜0:00-0:30ほか、BSテレ東ほか)に主演する。同ドラマは、ゲスの極み乙女。のベーシスト・休日課長によるレシピ本「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」を原案に、妄想の世界に登場する理想の彼女に、ごはんを振る舞うモテない男の奮闘を描く。

「グルメ×音楽×恋愛コメディ」がテーマの新感覚ドラマで、ミュージックビデオ界で活躍中の新進クリエイターたちがディレクションを担当。稲葉浩志、miletのMVを手掛けた針生悠伺監督や、Aimer、絢香のMVを担当した佐藤竜憲監督、Official 髭男 dism、[Alexandros]などのかとうみさと監督らが務める。また、川谷絵音プロデュースのDADARAYが主題歌「Ordinary days」を書き下ろし、ドラマを盛り上げる。

高杉は「休日課長さんを演じなければいけないんだ!と緊張している現状です。 あまり料理をしてこなかった僕ですが、今回このレシピ本を見て『その料理を褒められたい』『料理に必要なのはテクニックではなく、妄想だ』という言葉に共感して勇気をもらい、今まさに練習中です。すてきな姿をお見せできたらと思います」と意気込んだ。

休日課長は「妄想は自由だ。妄想するとき、実現できるかどうかなんて考なくていいのです。だから夢しかない。妄想は最上級の夢もあります。人生初著書であるレシピ本『妄想ごはん』ができ上がった時、お恥ずかしい話ドラマ化の妄想をしました。まさかその妄想、つまりは最上級の夢が現実になるとは。一方的にお送りした妄想リストのネタも台本に盛り込まれててうれしかった…。

そして何と言っても和田理生役が高杉真宙さん。もはや超次元妄想。味わい深い作品になる期待で溢れています。まるで、カレーを煮込む鍋の前に、香りたっぷりの湯気を浴びながら立っている気分。蓋を開けるのが楽しみで仕方ありません」と語った。

■あらすじ
平日は電機メーカーの子会社で働くサラリーマン、週末はバンドマンでベーシストの主人公・和田理生(高杉)。真面目でこだわりが強い分、人間関係は不器用。女性にモテず、彼女いない歴は3000日。やさぐれ気味の理生はいつも「誰かにホメられたい」と感じていた。

そんな理生の日課は、おいしいごはんを作ること。手際よく調理をしながら、一人二役で架空の彼女との会話を楽しんでいると、誰もいないはずの食卓から女性の声が聞こえる。そして、不思議な妄想の世界で理想の彼女との楽しい食事が始まる。