Netflixオリジナルアニメシリーズ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」の2分55秒にわたる本編冒頭映像が解禁。さらに物語のキーとなる戦地「ペナムスタン」の様子を描く新規場面写真も公開された。

「バイオハザード:インフィニット ダークネス」は、25周年を迎えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」シリーズの人気キャラクター、レオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品。

シリーズ初の連続CGドラマとなり、全4話にわたって配信される同作は、数々の死線をくぐり抜けてきたレオンとクレアが、ホワイトハウスで偶然の再会を果たし、新たな脅威に立ち向かう姿を描く。
■戦地「ペナムスタン」での緊迫の冒頭映像&場面写真が解禁!

今回解禁となった映像では、当時「マッドドッグス隊」の隊長で、物語の現在(2006年)は合衆国のエージェントとしてレオン(CV:森川智之)と行動をともにするジェイソン(CV:立木文彦)の勇敢な姿や、ペナムスタン民兵と激闘を交わす「マッドドッグス隊」の隊員たちの行動が描かれる。
また、「バイオハザード」シリーズではもはやおなじみの「墜落するヘリコプター」のシーンをはじめ、見応えのある映像に仕上がっている。

さらに場面写真は、戦闘地域に降下する直前のマッドドッグス隊の険しい表情や、ペナムスタン民兵との激しい戦闘の様子、暗闇の中で照らし出された「マッドドッグス隊」と思われる写真など、緊張感が伝わるものから意味深なものまで合計5点が新たに公開された。

Netflixオリジナルアニメシリーズ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」は、2021年7月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信スタート。