フジテレビ系では、6月20日(日)に「ニッポンの食材 大捜索!ごちそうハンター」(昼4:05-5:20)を放送。日本に存在する“絶品なのに入手困難な希少食材”を求めて“ごちそうハンター”が体を張ったロケを行い、調達した食材を一流シェフが絶品料理へと昇華させる。

今回取り上げる食材は、極上の珍味“モウカの星”(宮城県気仙沼)、高級仙人食材“岩茸”(徳島県)、数千匹に1匹の奇跡“黄金ガニ”(福井県)の3つ。

モウカの星を調達するのは、天竺鼠の瀬下豊。モウカの星は獰猛なネズミザメ(=モウカ)の心臓で、鮮度を保つのが難しく、一般流通はほとんどないため幻の珍味とも言われている。そんなモウカの星を求め、「死ぬこと以外NGなし」と豪語する瀬下は東北・三陸沖へ。モウカを捕獲するため3日間にわたって壮絶な挑戦を繰り広げる。

また、反り立つ断崖絶壁にのみ生える岩茸の調達にはハナコが、ズワイガニとベニズワイガニの天然ハイブリッドガニである黄金ガニの調達には武田真治が出発する。

また、同番組のMCは博多華丸・大吉が務め、スタジオゲストとして平野レミと山之内すずが出演する。

■博多華丸・大吉コメント

――収録を終えてのご感想からよろしいですか?

大吉:すご過ぎましたね。もちろん企画意図は分かっていて、台本も読ませてもらっていましたけど、想像以上の豪華食材でした。

華丸:天竺鼠の瀬下君や、ハナコには過酷な思いをさせてしまい、最後はわれわれとほぼ同期ぐらいの武田真治さんがごちそうハンターだったので、驚いてつい声が出ちゃいましたけど。

――最も気になった食材は?

大吉:僕は岩茸ですね。なぜ、あれを食べようと思ったのか。人間の欲望と言いますか、あれは見つけるだけで大変じゃないですか? それを持って帰ってきて、下処理も大変ですし、誰が最初に食べようと言い出したんだろう。でも、だからこそ人間の探求心、少しでもおいしいものを食べようという積み重ねで、僕らの時代につながっているというのはすごく感じました。

華丸:黄金ガニと言いたいところですが、それ以前に水深1km先であんなにたくさんカニがいる福井の海。未知との遭遇過ぎて、あの映像、すごくないですか?

大吉:確かにああいうロケって、大体カゴに入っていても2、3匹ぐらいのカニの映像が定番だったんで驚きました。でも、あんなに大漁ということはそれだけ漁師の皆さんが海を守っていらっしゃるということですよね、小さいカニもちゃんとリリースしていましたからね。しかも、ちゃんとレーダーでポイントが分かっていらして、水深1000m先のカニをあんなにたくさん仕留めるとはすごいです!

――豪華食材を、これまた一流シェフが調理していらっしゃいました。

華丸:予約の取れないお店のシェフに全部作っていただいたので、本当に申し訳なかった。

大吉:僕ら、グルメロケはかなり経験している方だと思うので、ある程度のコメントには自信はありましたが、今回の3品の食材は初めて過ぎて、めちゃめちゃおいしかったですが、伝える言葉があまり出てこなかった。そこは申し訳なかったと思います。

華丸:でも、そうなりますよね。変に例えるのも失礼だし、“あれみたいな”という例えが、簡単に手に入る食材というわけにもいかないじゃないですか。だから、あそこはもう仕方ない(笑)。

大吉:でもまだ、この歳になっても食べたことがない食材がたくさんあるんだなと思って感動しました。

――これまでに入手困難な食材を食べたことがあれば、ご紹介していただけますか?

大吉:はい、昔の話でよければ。熊本はとても馬刺しがおいしくて有名なのですが、福岡と熊本って隣の県なのに、福岡はそこまで馬刺しは有名ではないんです。この差は何だと地元の方に聞いたところ、「熊本の人は福岡がライバルだと思っているから、うまい馬刺しを福岡に出すわけない。おいしいのは全部熊本で食べている」という、冗談とも本気とも取れる話をうかがったことがあります。実際、そうかもしれないと思うぐらい、熊本の居酒屋さんが出す馬刺しはどこもおいしいですし、特に漁港近くの居酒屋さんで食べた馬のレバ刺しが、ひっくり返るぐらいおいしかったです。ルビーみたいにピッカピカで、あんなレバ刺しにお目に掛かることはもうないかも知れません。

華丸:僕は「大名道中駕籠かしわ」という駅弁がとても好きで、博多駅で購入できるのですが、朝の8時以降しか売ってないんです。ただ僕ら、大阪や東京に仕事に行くときには大体朝が早い新幹線なので、買うことができない。 なので僕にとってはとても入手困難なお弁当なんですよ。

――ご自身で山菜採り、釣りなど、食材を調達した経験はありますか?

大吉:僕ら、釣りやアウトドア的な趣味がなくて。しかも最近はそういうロケもめっきりご無沙汰で、多分年齢的なこともあると思います。岩茸のロケも、絶対僕なら山の中で3回は滑り落ちていますし、正直、僕らみたいなベテランが山の中に入って行ったら、スタッフさんも気を使うと思いますし。

華丸:僕らいい歳なんで、保険もかけなきゃいけないでしょう?

大吉:うらやましいなとは思います。人生で一度ぐらいはあんな沖まで行ってサメを捕るような体験もしてみたいとは思いますが、絶対に足手まといになりますし(苦笑)。

華丸:そういう役は、瀬下君にもう任せます(笑)。

――番組を楽しみにしている方にメッセージをお願いします!

華丸:あなたの知らない、食材の世界が広がっています。そしてぜひ、水深1000mの世界に遭遇していただきたいと思います。

大吉:食材ハンターが行くところは、本当に全部見どころが盛りだくさんだと思います。ただ、割と僕がいいなと思っているのは、平野レミさんがご自身以外の料理を食べて感想を言うという今回の主旨。僕はそういうレミさんをテレビで観たことがないので、ちょっとご期待いただきたい。こんなにシンプルなコメントなんだと思いました。

華丸:どちらかと言うと作る側だから、ああなるんじゃないですか?

大吉:いい意味でも悪い意味でも、忖度一切なしで、ストレートにコメントなさるレミさんに僕はしびれましたね。

華丸:でも、そこは内心助かりました。先にコメントを言ってくれたので(笑)。

大吉:ちょっと注目ポイントだと思います(笑)。