映画「キャラクター」(公開中)の初日舞台あいさつが6月11日に東京都内の劇場で行われ、出演者の菅田将暉、SEKAI NO OWARI・Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬と永井聡監督が登壇した。

同作品は、「もし売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら? しかも、その顔をキャラクター化して漫画を描いて売れてしまったら?」というアイデアを基軸に、登場人物それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント。

売れない漫画家・山城(菅田)は、スケッチに向かった先で一家殺人事件の現場に遭遇し犯人・両角(Fukase)を目撃してしまう。その後、事件の第一発見者として警察の取り調べを受けるも「犯人の顔は見ていない」とうそをつき、犯人を基にした殺人鬼の主人公を生み出してサスペンス漫画「34」を描き始める。「34」は異例の大ヒットとなるが、作品で描かれた物語を模したような事件が発生する、というストーリー。

舞台あいさつでは、菅田が「個人の判断が難しい中、劇場に足を運んでくださった方、本当にありがとうございます。『映画を見たい』という人がいて、僕らの映画が公開できることを心から感謝しております」とあいさつ。

また、山城を演じた感想として「僕にとってFukaseさんは高校時代に初めて買ったCDのアーティストで憧れの人の一人なんです。山城にとって両角は無個性の自分とは真逆にいるアイデンティティーのかたまりの人でどこか引かれていくというのをFukaseさんとできたことがうれしいです」と明かした。

一方、今作が役者デビューとなるFukaseは「キャストやスタッフの方たちが優しく丁寧に温かく見守ってくださって、本当にやりやすく楽しい現場でした。ただ、ポスターに“美しき異常者”って書いてあって、『それはちょっとハードルが高くないか?』って思いました(苦笑)」と吐露。

Fukaseの芝居について、菅田は「圧倒されました。あふれ出る“美しき異常者”でした(笑)」とジョークを交えて絶賛し、獅童は「演技初めてとは思えないくらい。本読みの時から完璧に仕上げてきていました」と振り返った。

さらに、小栗は「(Fukaseの)インタビューを読ませていただいて、『役への向き合い方を、もう一度改めないといけないな』と思う瞬間がありました」とコメント。

そんな中、高畑は「カメラが回っていない時は、こんなに話しやすい方だと思ってなくて!」とFukaseの人柄がイメージとは違っていて驚いたことを告白した。