7月30日(金)夜11:30より、WOWOWプライムにてスタートするWOWOWオリジナルドラマ「演じ屋」。このほど、本作の予告編映像と場面写真が公開された。奈緒と磯村勇斗がW主演を務める本作は、2000年代初頭に全9話からなるインディーズ作品として制作された映画「演じ屋」を約20年ごしでドラマ化。過去作を手掛けた野口照夫が今作でも監督・脚本を担当し、ゼロからまったく新しい「演じ屋」の物語を描いていく。

ドラマは、結婚式を翌日に控えたトモキが痴漢の冤罪被害に遭い、仕事も婚約者も失ったことから動き出す。自殺しようとした時、たまたま“演じ屋”のアイカと出会ったトモキは、彼女の力を借りて自分を痴漢の冤罪に追い込んだ犯人たちに復讐しようとする。

依頼された役になりきる新しい職業“演じ屋”のアイカを演じるのは奈緒。一方、痴漢の冤罪に巻き込まれ自殺寸前だったところでアイカと出会い、「演じ屋」の世界に魅了されていくトモキ役は磯村勇斗。物語が進むにつれて、二人の関係にも変化が起きていく。

先日注目のキャスト陣が一挙に発表され、「演じ屋」の仲間たちを演じる笠原紳司、青山倫子、藏内秀樹、加藤柚凪らレギュラー陣が明らかに。それに加え、徳永えり、伊藤萌々香、伊藤あさひ、島崎遥香、白川裕二郎、忍成修吾ら、豪華なゲストが毎回登場。全6話にわたる物語を盛り上げていく。


■“演じ屋”の仕事ぶりが凝縮された予告映像が初お目見え!

今回、新たにドラマの予告編が公開に。痴漢の冤罪に巻き込まれ、すべてを失い絶望しているトモキの姿から始まり、アイカとの運命的な出逢いを経て“演じ屋”の存在を知り、復讐を企てるまでがテンポよく描かれる。

さらに、突如として手に入った3000万円もの大金の行方が気になる今後の展開も垣間見え、息子の頭を撫でる中里リサ(島崎遥香)や、「こんなところで何をやってるんだ?」と不敵に笑う原田辰巳(白川裕二郎)、どこか怪しげな戸村誠司(忍成修吾)らゲスト陣の姿も。

そして、第1話と第2話の場面写真も併せて公開。トモキとアイカの出会いのシーンや、さまざまな変装を見せるアイカ、トモキを痴漢の冤罪に陥れた犯人である佐野ミユ(伊藤萌々香)と共犯の大澤アキラ(伊藤あさひ)の姿などからは、物語への興味をかき立てられること必至だ。


■WOWOWオリジナルドラマ「演じ屋」あらすじ

結婚式を翌日に控えていたトモキ(磯村勇斗)は、痴漢の冤罪で仕事も婚約者も失ってしまう。それから1年半後、トモキを痴漢だと言い張っていた女(伊藤萌々香)と、目撃者の男(伊藤あさひ)がグルだったことを偶然知る。

その事実を元婚約者(徳永えり)に伝えに行くも、彼女は他の男性との結婚を控えており拒絶されてしまう。人生に絶望したトモキがビルの屋上で自殺しようしていると、刃物を持った男に襲われるアイカ(奈緒)と遭遇し…。