映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」(公開中)の大ヒット御礼舞台あいさつが6月12日に東京都内の劇場で行われ、佐藤健と有村架純が登壇。さらに、大友啓史監督と主題歌を担当するONE OK ROCK・Takaがリモート出演した。

同作品は人気コミックを映画化したシリーズの最終章で、「―The Final」と「―The Beginning」の2部作連続公開で10年の壮大な歴史に幕を閉じる。物語では、動乱の幕末を舞台に、佐藤演じる剣心の十字傷に秘められた真実を描く。

舞台あいさつでは、佐藤が「公開を迎えて宣伝期間を走り抜けてきたわけですけど、ついにゴールに向かっているなと。ずっと宣伝をしていたいくらいです」と感慨深げに語った。

また、同作のアクションについて「非常に楽しかったです。今までは逆刃刀を持って闘っていたのですが今回は真剣に持ち替えて闘ったので、“養成ギプス”を外したかのような動きやすさといいますか、今までいかに難しい武器で闘っていたのかということを『―The Beginning』をやって気付きました。刀でのアクションを思いっ切り楽しめました」と回顧。

一方、有村は「撮影している時も、公開するまでも、公開してからもずっとドキドキしていて、いろんな方から感想を頂いて少し自分の肩の荷が下りたといいますか、ほっと胸をなでおろしています」と心境を明かし、「こんな大作に少しでも参加することができたことが、自分にとって大きな経験だったと思っております」とコメント。

さらに、撮影について「『とにかく皆さんの作品に対する熱量みたいなものを1日たりとも忘れないぞ』という気持ちで毎日撮影していました。撮影する中で、大友さんや(佐藤)健さんなど、いろんな方にアドバイスを頂きながら巴という人物を皆さんと一緒に作ることができたということが自分の中でとても心強くて、『本番を迎える時は一人だけど、一緒に作っていく段階では一人じゃないな』と皆さんが感じさせてくれました」と振り返った。