先月5月23日に映画化が発表された嵐のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」。同作は嵐20周年を記念して、2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡って計50公演を開催、1ツアーとして日本史上最大の累計237万5千人動員を記録した「ARASHI Anniversary Tour 5×20」のツアー中、1日限りで開催したシューティング・ライブの様子を堤幸彦監督らが撮影したもの。

この「ARASHI 5×20 FILM」が、現在開催中の第24回上海国際映画祭にて6月12日にワールドプレミアとして同映画祭DolbyVision部門で世界初上映が行われ、プレミアムチケットを手に入れた現地のファン200人が、会場となったマカライン・シネマ・ワールド(映画館)で鑑賞した。

本篇上映前には観客にサプライズで、メンバーを代表して松本潤のメッセージ映像を上映。新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、昨年中止になった中国でのライブについても中国語を交えながら触れ、「今回、映画という形にはなりますが、僕たちを待って下さっていたファンのみなさんへ、少しでも恩返しが出来たらと思っています」と、作品を届けられる喜びを語ると共に中国のファンへの想いも垣間見せた。

突然のサプライズ映像に、会場では興奮して泣き出すファンもいた。上映中は観客が持参したうちわやサイリウムを振ったり、スクリーンに向かって声援が飛び交うなどライブさながらの状態が見られた。

この日以外にも、Dolby Vision部門では全4日間で4回上映され、Gala部門では6月17日(木)にキャパ1300席の大会場で上映される。なお、全5回分のチケット約2000枚は、発売直後に即完売しプレミアムチケットとなった。

■松本潤コメント
上海国際映画祭へお越しのみなさま、こんにちは。松本潤です!

この度、「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」という僕たちの新しいコンサート映画が、世界ではじめて、ここ上海国際映画祭にて、ワールドプレミア上映となります。

僕たち嵐は、2020年に中国でコンサートをする予定だったのですが、新型コロナウイルスの世界的な感染の影響を受けて、中止することになりました。非常に残念に思っています。

そこで今回、映画という形にはなりますが、この“Record of Memories”の上映をもって、僕たちを待って下さっていたファンのみなさんへ、少しでも恩返しが出来たらと思っています。

この作品は、実際のコンサート会場にいるような生の臨場感が再現されています。僕たち嵐と、同じ空間で、同じ時間を共有しているかのような最高の映像体験が出来る特別なライブ映画になっています。今から思い切り、楽しんでいただけたら嬉しいです! それでは、お楽しみください! ありがとう
※コメント映像より抜粋