6月13日放送のドラマ「ドラゴン桜」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第8話で吉田美月喜が見せた存在感に注目が集まっている。演じるのは、東大専科で勉強を続ける岩崎楓(平手友梨奈)とバドミントン部でダブルスを組んでいた清野利恵(吉田)。吉田が要所で見せた力強い存在感が、楓の決意に説得力をもたらした。(以下、ネタバレがあります)

■「がっかりさせないで!」楓を叱咤

「ドラゴン桜」第8話では、楓とバドミントンをめぐるエピソードが描かれた。バドミントンに熱心な両親に、東大を目指して勉強していることを言えずにいた楓。両親に言われるままに実業団の練習にも参加し、勉強との両立で疲れ果てていた。

そんな時、楓の背中を押したのは、バドミントン部でダブルスを組んでいた清野だった。

東大とバドミントン練習を並行して行い、どちらもおろそかになっていることに気づきながらも、その状況を変えることができずにいた楓を、清野は「東大行くんじゃなかったの?そんなどっちつかずの状態で勝ち抜けると思ってるの?」「がっかりさせないで!あんたそんなタマじゃないでしょ?」と強い口調で叱咤。楓の背中を押した。

清野率いるバドミントン部は、インターハイベスト4という好成績を納めた。「この前はありがと。あんたのおかげで、自分の弱さと向き合えたよ。インターハイ、ベスト4おめでとう」と伝えた楓に「絶対合格しなさいよ!次のオリンピックでダブルス組む時、現役東大選手って肩書くらいないと私に釣り合わないでしょ」とはなむけの言葉を送り、最後は笑顔とグータッチのポーズで楓を見送った。

■吉田美月喜「#みんなで楓ちゃん応援隊」タグも

2話では、監督と結託し楓のけがが悪化するよう仕向けるなど、裏の顔も見せた清野。だが、試合がうまくいかなくなったときに楓に背中を押され、楓の「私は恨んでないよ」というセリフに清野が涙を流す場面もあった。そして今回は清野が、東大受験に向かう楓の背中を押した。

劇中で阿部寛演じる桜木が「夏はインターハイを終えたスポーツ組が受験に参戦してくる。あいつらは気力・体力・根性・集中力、それをすべて兼ね備えた強敵だ」と語っていたが、清野の強い目力と厳しい表情は、まさにそんな気力・体力・根性・集中力を身につけたスポーツ選手らしさを漂わせていた。そして、どんなに衝突しても最後には笑顔で互いを応援できる潔さ。

そんな8話が放送されると、「#ドラゴン桜」がTwitterのトレンド1位になるほど反響は大きく、平手はもちろん、たった2場面だけの登場だった吉田にも「目のお芝居がすごい」「最後、2人が笑顔を交わすシーンが良かった!」といった声が上がった。

放送前には吉田も自身のInstagramで「#みんなで楓ちゃん応援隊」のメッセージを発信。ファンを「タグが泣ける…!」「吉田美月喜ちゃんがみんなで楓ちゃん応援隊のタグ使ってくれてるのグッとくる」「イワキヨペア最高!」とにぎわせた。