吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第18回「一橋の懐」が6月13日に放送された。ついにみずからのなすべきことに気づいた篤太夫(吉沢亮)。主君である慶喜(草なぎ剛)との距離もぐっと縮まり、視聴者から歓声が上がった。(以下、ネタバレがあります)


天狗党の悲しい運命を目の当たりにし、一橋家を強くしなければという思いに駆られた篤太夫は、新たな兵の招集を慶喜に建白。歩兵取立御用掛のお役目をいただき、一橋領のある備中へと向かった。

そこで、忘れかけていた農民時代の自分の強みを思い出した篤太夫は、あらためて慶喜に申し出た。「武士とて、金は入り用」「某(それがし)は、一橋家の懐具合を整えたいのです」。そして、そろばんを取り出し「懐を豊かにし、その土台を頑丈にする。軍事よりはむしろ、そのような御用こそ、おのれの長所でございまする」ときっぱり伝えた。

そのための具体的な策にも考えを巡らせていた。摂津・播磨の米、播磨の木綿、そして火薬の材料となる備中の硝石。一橋家領内の特産品を高く売り、より家中の収入を増やすことを訴えた。

慶喜はそんな篤太夫の話を面白そうに聞き、「円四郎め、まことに不思議なものを押し付けとった」と一言。篤太夫の申し出をすべて受け入れ、「そこまで申したのだ、おぬしの腕を見せてみよ」と許可を与えた。

■“円四郎”の一言に「涙が出た」の声も…

のちに“日本資本主義の父”と称される大人物となっていく渋沢栄一。その始まりともいえる篤太夫の建白に、視聴者からは「渋沢栄一の本領発揮!」「篤太夫の出世ぶりがすごい。気持ちいい」と感動の声が上がり、慶喜との間に芽生えた信頼関係にも「円四郎が亡くなってからずっと沈んでいるように見えた慶喜様の久しぶりの笑顔にグッと来た!」「篤太夫と慶喜が初めて心を通い合わせたシーン。良い」といった声でにぎわった。

慶喜のセリフに平岡円四郎(堤真一)の名前が出たことで、慶喜と篤太夫をつないだ円四郎の存在をなつかしむ声も。「たった一言なのに、円四郎って出た瞬間涙が出た」「慶喜様が『円四郎め』と言ったとき、慶喜様と栄一の間に笑顔の円四郎が見えた気がした」「慶喜にとって、栄一は円四郎の忘れ形見なんだなぁ…」といった声が上がった。栄一の人生の大きなターニングポイントともなったこの回も、Twitterでは「#青天を衝け」がトレンド1位となるなど大反響。ここから篤太夫、のちの渋沢栄一が才覚を発揮していく。