映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」(6月18日[金]公開)から、飯塚健監督も驚く“役者魂”を見せつけた濱津隆之(長野オリンピック日本代表・原田雅彦役)の新場面写真が解禁となった。

映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」は、1998年の長野オリンピックのスキージャンプ団体で大逆転の金メダルという栄光を陰で支えた、25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化した作品。

4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちの思いを描いたヒューマンドラマで、田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、古田新太ら個性豊かなキャストが集結している。

その中で濱津が演じるのは、リレハンメルオリンピックに西方仁也と共に日本代表選手として出場、長野オリンピックにも出場し、印象的な笑顔と数々の名言で人々の記憶に色濃く残る原田雅彦だ。

原田は、岡部孝信、斎藤浩哉、船木和喜と共に臨んだ長野オリンピック スキージャンプ・ラージヒル団体競技・決勝の1本目のジャンプを79.5mと失敗するも、2本目は吹雪で視界の悪い中137mの大ジャンプを記録。リレハンメルオリンピックの雪辱を果たし、金メダル獲得に貢献した選手だ。

日本代表から落選するもテストジャンパーとなり、その栄光を陰で支えた今作の主人公・西方とは、ユース時代から多くの時間を共にしてきた原田。明暗が分かれた2人だったが、原田が金メダル獲得後インタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな」という言葉には、特別な思いがあった。

そんな原田役の濱津は、映画「カメラを止めるな!」(2017年)で一躍ブレイク。ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(2019年、TBS系)出演の他、「絶メシロード」(2020年、テレビ東京系)で主演を飾ると、大河ドラマ「麒麟がくる」(2020年、NHK総合ほか)や映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」(2021年公開予定)といった話題作への出演が続くなど、その個性的なキャラクターと表現力で活躍の場を広げている。

飯塚監督が濱津の起用について「国民的スポーツ選手・原田雅彦さんのお顔は多くの方に知られています。ゆえ、似ているというポイントを無視できない。また、原田さんと言えば、まさに朴訥(ぼくとつ)。この雰囲気をまとっていると感じられたのが濱津さんでした」と話すように、本人と表情や雰囲気が似ていることからの抜てきであったが、実在の人物がモデルとなっているが故に、濱津への“演技”に対する要求度は高かった様子。

飯塚監督は「原田さんに寄せてほしいとだけ伝えました。かなりの時間を使って学問・原田学の権威になってくれたと思います。なにせ原田さんのインタビューは、ほとんど丸暗記してくれましたから。あるとき、『あのインタビューで言ってたことって何でしたっけ?』と私が聞くと秒で返答があったので、『それ、いきましょう』とカメラを回したこともあったくらいです」と、濱津は監督と密に相談し、当時の原田の報道映像を研究して撮影に臨んだことを明かす。

リレハンメルオリンピックスキージャンプ団体戦において、自らのジャンプ失敗で金メダルを逃したことへの容赦ないバッシングから、長野オリンピックでの雪辱を誓うが、惜しくも代表落選した西方から向けられた“怒り”や“嫉妬”。当時の原田が抱える計り知れない“重圧”と“葛藤”に真摯(しんし)に向き合った濱津の演技について、西方役の田中は「雰囲気が似てるんですよね。濱津さんの完コピぶりがすごい…!」と絶賛。

共演者からも驚きの声が上がる役作りを見せた濱津は、当時の(原田の)報道映像を研究し撮影に臨んだと言い、「(映像は)そんなにたくさん上がってはいませんでしたが、YouTubeで見つけられた当時の映像は全部見ました。何時もにっこりとしている印象がやはり大きい方だったので、笑ったときの表情は特に意識して演じていました」と役作りを振り返る。

また、実際に作品を鑑賞した原田本人は「私、原田雅彦を演じていただき大変光栄です。スキージャンプという特殊な競技で、撮影にはご苦労も多々おありだったと思います。さらに、キャラの強い(?)私の役を演じるということも、大変だったのではないでしょうか。僭越ながら、濱津さまの演技により『西方との友情』や『チームとの絆』が素晴らしいものになっていると感じました。本当にありがとうございました!」と濱津の緻密な役作りに感謝を述べた。

濱津の演技は雰囲気だけではなく、当時の感情を繊細に表現しており、正真正銘“原田雅彦”を体現してみせたソウルとパッションは本物。難役にも臆することなく、濱津は作品ごとに自分なりの解釈を取り入れ、幅のある演技を披露する。