恵比寿マスカッツの冠バラエティー番組「恵比寿マスカッツ ハニートラップTV」(ABEMAプレミアム)の#10が6月11日より配信。今回は、マスカッツメンバーの由愛可奈がK-1ファイターの大岩龍矢選手に“ハニートラップ”を仕掛けた。

同番組は、芸能界のスキャンダルを未然に防ぐべく、プロの“ハニトラ集団”である恵比寿マスカッツのメンバーが芸能人たちにハニートラップを仕掛け危機感をあおる“ハニートラップドッキリバラエティー”。現在配信中の#10では、ニセ番組の収録と称して、“LINE交換”、“バックハグ2ショット”、“添い寝2ショット”の3ラウンド制で企画を実行。今回も“お試し”メインMCの藤原亜紀乃とともに、スタジオでは黒沢美怜、架乃ゆら、松本ゆん、広瀬りおなが“ハニートラップドッキリ”を見届けた。ゲストとしてK-1ファイター、K-1 WORLD GP三階級制覇世界王者の武尊選手、MCとしてオアシズの大久保佳代子と光浦靖子も勝負の行方を見守った。

■“予測不能のトリッキー嬢”由愛可奈vs.大岩龍矢選手!

今回のターゲットは、武尊と大親友という大岩龍矢選手。見た目はワイルドなイケメンだが、武尊は「こんなにアホなやつは見たことない…」「中身は小4ぐらい」「女好きだが恋愛経験は少ない」などと紹介するが、天然で“良いやつ”だとコメント。大岩のトレードマークの鎖も先輩に言われて断れず、重いと思いながらもつけていることを明かした。

MCの藤原がマスカッツメンバーに話を振ると黒沢が「やっぱり男の中の男…」と話し始めるが、新メンバーの広瀬から「しーっ!」とさえぎられ、変な空気が流れてしまうお決まりの流れを経て、トラップが始まった。

由愛は黒い水着にベンチコート姿で登場。鎖を触ろうとして胸を触りに行くなど積極的な彼女に、大岩は「ワン・ツー」を「パン・ツー」と言い間違える天然ぶりを見せた。その後も「タックルして良いですか?」「スクラムでも良いですよ!」とハグをしにいく由愛。ストレートな誘惑を受け続け困惑する大岩だったが、由愛は“LINE交換トラップ”から密着度の高い“バックハグトラップ”へ持ち込む。途中、天然な2人によるほのぼのとした時間が流れるが、「リハーサルだから」と説得し腕枕をしてもらいながらの“添い寝2ショット”に。さらに最後は、迷惑をかけたからと「おっぱいもみますか?」と誘惑する展開になる。

次回以降、仕掛け人として希島あいりが出演予定。