6月14日に放送されたテレビアニメ「フルーツバスケット The Final」(毎週月曜深夜1:30-2:00ほか、テレビ東京系ほか)第11話の追加カットが、本編終了後に公開。残り2話の放送と迫った第11話では、透と夾の感動のシーンが描かれた。(以下、ネタバレがあります)

「フルーツバスケット」は、「花とゆめ」(白泉社)で1998年から2006年まで連載された高屋奈月による少女漫画で、コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。

唯一の家族だった母親を亡くした女子高校生で主人公の本田透(CV:石見舞菜香)は、縁あってクラスメートの草摩由希(CV:島崎信長)やその親戚の紫呉(CV:中村悠一)、夾(CV:内田雄馬)たちと暮らすことに。しかし、“十二支の物の怪憑き”である草摩家には、代々異性に抱きつかれると、つかれた物の怪に変身してしまうという秘密があった――というストーリー。

第11話では、夾にかけられた十二支の呪いがついに解けた瞬間が描かれ、SNS上では感動の声が集まった。

透に「一緒に生きていきたい」と伝える夾。そして、透は「隣にいて、手をつないで良いか」と涙を浮かべる。互いの気持ちを伝えた2人は、2回目のキスをして、抱きしめ合うが…夾は物の怪に変身することなく、2人は夾の呪いが解けたことに気づいたのだった。