6月末にSKE48を卒業する野島樺乃が、6月14日に名古屋・栄のSKE48劇場でソロライブを開催。アンコールでは、卒業後に所属して活動することが決まっているユニット・&(アンド)の楽曲をメンバーと共に初披露した。

ライブは、野島がSKE48のオーディションで歌い、お披露目の時にはセンターを務めた楽曲「未来とは?」でスタート。続けて「彼女がいる」「制服を脱ぎたくなってきた」「花の香りのシンフォニー」と、思い入れのある曲を披露していった。

次のコーナーでは、野島は所属するチームSのリーダー・松本慈子と同期の太田彩夏と共にステージ上に。「アイドルの野島樺乃だからこそできるソロライブを」と、「制服レジスタンス」をカッコ良く、「抱きしめられたら」をセクシーに、「ハート型ウイルス」をキュートに、衣装を次々に替えながらパフォーマンスし、「やりたい放題やらせていただいて、満足です!」と笑顔を見せた。

アンコールでは、白いドレスシャツに黒のボトムスのクールな衣装で、野島がSKE48卒業後に所属し活動する&の4人(野島、山崎カノン、モラレスきあら、栗本優音)が登場。「#tokyo(ハッシュタグトウキョウ) 」と「Eenie, meenie, miney(エニー ミニー マイニー)」の2曲をお披露目した。

そして、野島は再び1人で自身のソロ曲「夢の在処へ」と「あなたがいてくれたから」を披露。思わず涙ぐむ姿も見せながら、3度目のソロライブを締めくくった。

■野島樺乃コメント

3回目のソロライブをこうして開催できたことは当たり前じゃないことなので、スタッフの皆さんとファンの方々には本当に感謝しています。最後のソロライブがSKE48劇場だったのは、SKE48も原点は劇場ですし、その劇場で私も1stソロライブをやらせていただいたので、もう1回スタートの地に戻って、改めて自分で幕を下ろしたいなと思ったからです。

劇場の良さはファンの方々との近さだと思いますし、皆さんの温もりもたくさん感じられました。配信で観てくださる方もたくさんいたと思うんですけど、いつも応援してくださり、本当にありがとうございます。

(&の初披露については)自分たちが夢に見てたステージがあっという間で、一瞬で本番を迎えてしまって。みんなすごくドキドキしていたけど、「楽しむことが一番!」ってステージに上がる直前に、全員でお互いの背中をたたき合ったりして、お披露目の時点からチームワーク抜群じゃないかなと思いました。

会場の皆さまは、最初は誰だろう?って感じだったんですが、みんな興味津々な感じで観てくださっていて、一緒に拍手してくださったのも一つのライブ空間が出来上がった感じがして、すごく良かったんじゃないかなと思います。

女性ボーカルグループとして、いろいろな方々に一人一人が必要としていただける、そんなグループになっていければと思っているので、初心を忘れず、人とのつながりを大切に、感謝を忘れず、上を目指していけるグループになれればいいなと思います。

■「野島樺乃 3rdソロLIVE」セットリスト

M1. 未来とは?
M2. 彼女がいる
M3. 制服を脱ぎたくなってきた
M4. 花の香りのシンフォニー
M5. 制服レジスタンス
M6. 抱きしめられたら
M7. ハート型ウイルス
M8. 不器用太陽

ENCOLE
M9. #tokyo
M10. Eenie, meenie, miney
M11. 夢の在処へ
M12. あなたがいてくれたから