原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗が出演する、7月9日(金)スタートのドラマ25「サ道2021」(毎週金曜深夜0:52-1:23、テレビ東京ほか)の主題歌が、前シリーズ「サ道」に引き続きCorneliusの「サウナ好きすぎ」、そしてエンディングテーマは、3人組バンドTempalayの「あびばのんのん」に決定した。さらに、原田・三宅・磯村の“真顔”が印象的なポスタービジュアルも公開された。

全国のサウナー(サウナ好き)にとっての“サウナの伝道漫画”であるタナカカツキ原作の「マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜」(講談社モーニングKC刊)を実写化した同作。2019年7月期の前シリーズ「サ道」放送後、2回のスペシャル放送を経て今回の新シリーズに突入する。

今作では新型コロナウイルスの影響で以前と全く変わってしまった現在、新しい生活に慣れ始めたナカタアツロウ(原田)、偶然さん(三宅)、イケメン蒸し男(磯村)が自粛していたサウナ生活を再開。

“黙浴”や“ソーシャルディスタンス”など新しい常識と気遣いがスタンダードになる中、3人は久しぶりにホームサウナである上野の「サウナ北欧」に集まりサウナ談義に花を咲かせるなど、日本各地のサウナで繰り広げられる、平凡だけどどこか愛おしい十人十色のヒューマンドラマを描く。

前作に引き続き主題歌となる「サウナ好きすぎ」は原作者・タナカカツキが作詞、Corneliusが作曲を担当し、同ドラマのために書き下ろしたオリジナル楽曲。エンディングテーマの「あびばのんのん」は前作のエンディングテーマ「そなちね」に続くTempalayの新曲となり、今作もサウナ愛あふれる音楽が物語を彩る。Corneliusの小山田圭吾とTempalayの小原綾斗からのコメントは以下のとおり。

■小山田圭吾(Cornelius)コメント
新シリーズ!嬉しいです! 早く心からととのえる日が来ますように。

■小原綾斗(Tempalay) コメント
ラブソングでも応援歌でもなければサマーソングでもありません。サウナソングでございます。

サウナでととのったときの情景や感覚を音楽に落とし込んでみました。水風呂に入る際はぜひ汗をしっかりと流してから入ってくださいませ。

これこそがドリフターズ以来の令和お風呂ソングや。