6月14日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(毎週月曜夜0:15-0:45ほか、テレビ朝日系)で教壇に立ったのは、6月7日の放送に引き続き、オードリー・若林正恭。番組では、「42歳のおじさんが高校生気分で遊んだバスケでケガをして各所に大迷惑をかけちゃった先生」として授業を行った若林の完結編を公開した。同放送回の未公開シーンを含めた完全版+「アルコ&ピース酒井を考える」ディレクターズカット版は、ABEMAで1週間無料配信中。



同番組は、過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる、反面教師バラエティー。

■ハライチ・澤部佑からの誘い

前回、“しくじり先生”として初めて教壇に立った若林。40歳を目前にバスケットボールにのめりこんだあまり、ハライチ・澤部佑からのおだてに気づかず、自らの身体能力の衰えを認識していなかった事実を告白した。

後編となる今回は、2020年11月に、澤部から「僕とバスケの試合やりませんか」という運命のメッセージが届いたところから振り返っていく。その頃、夜な夜な妻を相手にシュート練習に励んでいた若林は、妻から「速い!」「ついていけない!」などと持ち上げられ、実力を過信。

若林は膝に古傷(※高校時代、アメリカンフットボール部で膝を負傷)を抱えていたにもかかわらず、澤部に「やりたい!」と即答してしまったという。


■若手芸人たちによる“接待バスケ”

試合当日、澤部が集めて来たのは、20代のバスケットボール経験者である若手芸人たち。開始直後は展開についていけなかったものの、「澤部にいいところを見せたい!」と思った若林は、「ちょっと中に切り込んでみようかなという野心がわいてきちゃったんです」と当時の心境を振り返る。

そして、狙いどおり切り込んでシュートを打った若林に澤部が放った言葉が、「お笑い界のハーデンだぁ〜!」というひと言。舞い上がった若林は、“自分はできる”と錯覚し、古傷を忘れ、どんどん中に切り込んでいくように。

「意外にシュートが打てたりして。ディフェンス陣の動きが止まって見えるようになってきたんですよ」と話る若林だが、実はその試合は「接待バスケ」だったという。今思えば、「15歳も上(の先輩芸人)がムキになってドリブルしてきたら、後輩は止めることができない。だから止まって、道を空けていてくれたんですよね」と、恥ずかしい状況だったことを告白した。

■若林の告白に生徒たちも騒然!

若林はいよいよ“運命の瞬間”について言及。ジャンプしてリバウンドを取って着地した瞬間、若林は「雷が頭から落ちてきて膝でバーン!」と破裂したような衝撃を受け、その場に崩れ落ちてしまったと明かした。

教壇で当時を再現し、「うぉぉぉ」とうめきながら倒れ込む若林の実演に、乃木坂46・高山一実らも騒然。すべてを語った若林は、「トータルすると、このけがの原因は澤部のせい」と断言し、「謝ってもらってないから、オフィシャルで謝罪をもらいたい」と澤部に迫った。

しかし、澤部は「違うでしょ!」「あなたが調子に乗ったからでしょ?」と、謝罪を拒否。そこですかさず若林が披露したのは、澤部が自身のラジオ番組で、若林のけがについて語った「…若林さん、バスケそんなにうまくない」という発言だった。

結局、医師から全治2カ月と診断された、若林。「でもおじさんだから3、4カ月たっても全然よくならなくて」、どんどん不安になってきて、最終的には「膝にお清めの塩をまく」ところまで追いつめられていたことも告白し、生徒たちを驚かせた。

次回6月28日(月)の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は、「オズワルド畠中を考える」。オズワルドのボケ担当・畠中悠は知名度が低く、番組が独自で行った調査でも、彼を知らない人が93%いることが判明する。そんな畠中に着目し、畠中はいったい何ができるのか、どうすれば知名度を上げられるのかを考えていく。