北海道文化放送(UHB)で放送中の「EXILE TRIBE 男旅」。6月20日(日)は、EXILE SHOKICHIが北海道で和牛作りに挑戦するビッグプロジェクト「肉バカ道」第2弾を送る。

SHOKICHIは、年間200食以上の和牛を食べ歩き和牛界のレジェンドと言われる『肉バカ。』(集英社刊)の著者・小池克臣氏とともに、和牛の聖地である鳥取と兵庫へ向かう。
 
訪れたのは、小池氏が「最初に食べた時に細胞が震えた」と絶賛する田村牛を生産する兵庫から鳥取にまたがる牧場。ここでは、「神戸ビーフ」などの素牛となる最高級の但馬牛の純血種や但馬牛の血筋をひいた黒毛和牛およそ2200頭を飼育。より美味しいとされる雌牛のみをこだわりの技術で育て、これまで日本の和牛の大会で数々の賞を受賞してきた。

SHOKICHIは、牧場近くの精肉店で田村牛の様々な部位を小池氏とともに味わい、伝説の生産者が作り上げた最高峰の味に感動。北海道で自ら和牛を育てるために生産者に弟子入りを申し込む。