女優・モデルとして活躍している桜田ひよりが、放送中のサタドラ「春の呪い」(毎週土曜夜11:25-11:55、テレビ東京系)に出演している。同作は最愛の妹・春(桜田)を亡くした主人公・夏美(高橋ひかる)が、妹の婚約者・冬吾(工藤阿須加)から交際を申し込まれるという衝撃的な展開から始まる恋愛劇。桜田は、主人公・夏美の亡き妹・春を演じている。今回、「WEBザテレビジョン」では桜田にインタビューを行い、オファーが来た時の感想や、タイトルにかけて春の思い出などを語ってもらった。

――原作の印象をお聞かせください。

内容はシリアスでハッピーなものではないんですが、絵など視覚的な部分でコメディー要素があり読みやすかったです。

でも、この作品は捉え方によって違う見え方があると思っています。私は春ちゃんの目線で読みましたが、漫画を読む時に誰に感情移入するかで本当に景色が変わる作品だと感じました。

――オファーが来た時はどう思いましたか?

すごくびっくりしました! 本格的なラブストーリーはあまりやったことがなくて、今まで片思いで終わる役が多かったので…。今回の作品を通して、恋する女の子をもう少し研究しなければならないと思いましたし、恋愛作品に対して、少し苦手意識があることに気付きました。

■「女の子らしいしぐさや言葉遣いに気を付けて演じています」

――役を演じる上で難しかったことをお聞かせください。

演じる上で難しさは感じていなくて、原作を読んだ時の思いだったり、演じる春の感情を考える時間の方が長いです。後半になるにつれて、春の思いや考えが出てくるので、後半を楽しみにしていただきたいです。

春ちゃんは私が考える女の子のイメージを具現化した存在なので、女の子らしいしぐさや言葉遣いに気を付けて演じています。

――監督の演出で印象的なことはありますか?

監督が手掛ける作品にホラーが多いのでこの作品はラブストーリーですが、少し怖いと感じるシーンもあります。回想や夏美の想像で春が登場するのですが、その演出は脚本を読んでいる段階から怖かったですね。

夏美の想像上の春は怖くしてほしいと監督から指示がありました。でも、夏美の想像の中で膨らんだ春なので、あまりホラーになり過ぎないように演じたいと思っています。

――主演の高橋ひかるさんの印象をお聞かせください。

以前からひかるちゃんを魅力的な女性だなと注目していたので、同じ作品で姉妹として演じられるのはありがたいなと思います。明るくていつも笑顔なので、現場に入って来るだけで雰囲気が和らぎます。

――やはり、現場では高橋さんがお姉さんっぽい感じですか?

実はそれが逆なんです…(笑)。ひかるちゃんが元気で明るくて、私の方がボケに対してツッコんでいる感じなので、どちらかというかと妹っぽいかもしれません。

――タイトルに掛けまして、春の思い出をお聞かせください。

毎日お散歩には行っているんですが、桜が咲いている時期に飼っている犬のアルクの散歩に行くと、桜の花びらを食べようとしちゃうんです(笑)。それが毎年の楽しみですし、春を感じる思い出です。

※高橋ひかるの高は「はしご高」が正式表記