松坂桃李主演の入れ替わりラブコメディー「あのときキスしておけば」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が6月18日(金)に最終回を迎える。同作は松坂桃李演じるポンコツ男子・桃地のぞむの大好きな漫画家・唯月巴(麻生久美子)が、事故で見知らぬおっさん(井浦新)に魂が乗り移ってしまう波乱万丈な恋愛模様を描いたもの。

先週放送された第7話のラストでは、夕日の中、「おじいさんとおじいさんになってもずっと一緒にいたい」「私だって…同じよ!」と互いの正直な思いを伝え合った桃地と巴は、ついに初めてのキスを交わす。夕日の中での桃地と巴&オジ巴の神秘的なダブルキスシーン、しかしその直後に、桃地のナレーションで語られた「僕が先生に会ったのはこれが最後だった」という言葉にSNS上は騒然となった。

また、入れ替わった相手先であるオジ巴の“外身”である「田中マサオ」の魂が戻ってきてしまい、悲しい別れの予感に視聴者からは「桃地とオジ巴の幸せも願いたい」「でも田中家の幸せも願いたい」「全員ハッピーエンドになる道が見当たらない!」「どうか桃地の笑顔が見たい」と嘆きと願いの声が集まっている。

さらに、予告映像で映し出された桃地とオジ巴結婚式の模様にも、「これは現実なのか?夢なのか?」と、最終回に向けてさまざまな考察の声が寄せられている。

■第8話 あらすじ

「好きです、好きです、愛しています」とついにプロポーズを果たした桃地のぞむ(松坂)は、輝く夕日の中、そのまま唯月巴(麻生/井浦)と初めてのキスを交わす。しかしこれが、桃地がオジ巴に会った“最後の時間”となった。

そんな事実には露ほども気づいていない桃地は、スーパーに戻り、キスを果たしたことを「スーパーゆめはな」の仲間たちに報告。大はしゃぎする面々、その事実はあっという間に高見沢春斗(三浦翔平)にまで伝わる。

そんなある日、高見沢から「SEIKAの空」が最終回まで一気にアップされていると電話が入る。気づけば最後にキスをしたあの日から、オジ巴は現れず、ずっと田中マサオ(井浦)のままだという事実に気づく桃地。浮かれた気分は一転、嫌な予感がよぎった桃地は慌てて巴の自宅へ向かうが、そこに巴の姿はなく、部屋はきれいに片付けられていた。