映画「夏への扉ーキミのいる未来へー」(6月25日[金]公開)の公開直前イベントが6月18日に東京都内で行われ、主演の山崎賢人、三木孝浩監督、主題歌を担当するLiSAが登場した。

同作品は、1956年に発表されたロバート・A・ハインラインの同名小説を、舞台を日本に再構築して映画化したもので、わなにはめられ全てを失った科学者が時を超えて大切な人を救う物語。

イベントでは、LiSAが主題歌の「サプライズ」を生歌唱。LiSAの歌声に山崎は「本当に最高でした! 『未来に向かって頑張ろう』って思えるすごくポジティブなLiSAさんの力強い歌声を生で聴けて本当に幸せでした」と感嘆の声を上げ、楽曲について「映画を見た時に『音楽があることで映画って素晴らしいものになるんだな』ってすごく実感しました」と感激しきり。

一方、三木監督も「映画の最後にLiSAさんの楽曲が流れることによって、一段も二段もスケールアップしてもらったなと思いました」と絶賛。

そんな中、LiSAは「映画が出来上がっていた状態で、この楽曲を制作させていただきましたので、皆さんが作ってくださった世界を受けて、『どうやったら見てくださる皆さんに宗一郎の気持ちをそのまま聴いていただけるような楽曲になるかな』とすごく考えながら、『扉』とか『未来』というようなすごく作品にリンクするような歌詞をところどころに入れるように心掛けました」と制作秘話を明かした。


※記事内、山崎賢人の「崎」はタツサキが正式表記