TVアニメ「東京リベンジャーズ」(毎週土曜深夜26:08-、MBSテレビほか)では、7月から“血のハロウィン編”の放送がスタートすることが決定し、あわせて第3弾キービジュアルとPVが公開された。

「週刊少年マガジン」で連載中の和久井健による「東京卍リベンジャーズ」を原作とした同作は、人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)が、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)を救うために、12年前の中学時代にタイムリープして人生のリベンジを開始するタイムリープサスペンス。コミックスは現在22巻まで発売されており、7月9日(金)には実写映画「東京リベンジャーズ」の公開も予定されている。

TVアニメ第3弾のキービジュアルは真剣な表情のタケミチ、東京卍會メンバーのほか、“血のハロウィン”で争うことになる芭流覇羅No.3の一虎、半間、謎多き男・稀咲が描かれている。

また、7月からはエンディング主題歌が、本名・素顔・年齢全て非公表のソロアーティスト泣き虫による「トーキョーワンダー。」に決定。7月3日(土)放送の13話からエンディング主題歌が変更となる。アニメ放送に先駆けて、7月2日(金)からは同曲のデジタルシングルの配信リリースも開始される。

さらに、7月1日(木)からは、東京卍會の拠点となっている渋谷にて、「東京リベンジャーズ」渋谷ジャックが開催されることも発表された。渋谷エリアにある7つの店舗でポップアップショップが展開されるほか、14日(水)までの2週間、原作・アニメ・実写映画合同の渋谷エリアウォールジャックを実施。原作・アニメ・実写映画それぞれのタケミチ、マイキー、ドラケンのポスターが掲出される。