映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」(公開中)の公開記念舞台あいさつが6月19日に東京都内の劇場で行われ、出演者の田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒と飯塚健監督が登壇した。

同作品は、1998年の長野オリンピックのスキージャンプラージヒル団体競技の大逆転の金メダル獲得を、陰で支えた25人のテストジャンパーたちの感動秘話を映画化したもの。代表に落選した元日本代表選手・西方(田中)を中心に、テストジャンパーたちが仲間のため、日本のために命の危険を顧みずテストジャンプに挑む姿を描く深い人間ドラマ。

舞台あいさつでは、登壇者たちが2度の延期を経て公開を迎えた気持ちを告白。

田中は「公開が延期になることが珍しいですし、ここまでずっと手元にあり続けてくれた映画っていうのがなかなかなくて。それで、その映画がいよいよ皆さんに託されるといった時に、バタバタの中でこの超多忙な人たちが集まってくれたっていうだけでグッときてしまいました」とキャストの5人と監督がそろったことに感激。

また、土屋は「公開が延びる中、関係者の方々、そして作品を待ってくださる皆さまが、テストジャンパーの方々が必死でジャンプをつないでくださるように、気持ちをつないでくださいました。本当にありがとうございます」と感謝を述べた。

そんな中、山田は「本当に公開できてうれしいです!『ヒノマルソウル』チーム全体の思いがやっと皆さんに届くんだと思うとめちゃくちゃうれしくて、今日その日を迎えられてよかったです」と喜びを爆発させ、「やっと僕らジャンプできたんで、ここからの飛距離は皆さんの声援で伸びていくことだと思うので、この映画をよろしくお願いします」と作品の内容に掛けてアピール。


一方、共演者とのエピソードについて眞栄田は「圭さん、裕貴さんと宣伝活動をさせていただくことが多かったのですが、お二人ともめちゃくちゃエネルギーがすごくて付いて行くのが大変でした(苦笑)」と明かし、小坂は「私はそんなに演技経験がないですし、この中に入るだけでも緊張しかなくてなかなかお話もできなかったんですけど、そんな私を皆さんが引っ張ってくださって、宣伝活動期間中も同じ空気に私も一緒に混ぜてくださって、本当に楽しかったです」と語った。