映画「鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽」(2022年公開予定)の製作発表記者会見が6月19日に東京都内で行われ、出演者の宮本茉由、安藤政信、白須慶子、岡元あつこが登壇した。

同作品は、太宰治「斜陽」執筆75周年を記念して製作されるもので、主人公・かず子を映画初出演にして初主演となる宮本が演じる他、太宰自身を投影したかず子の年の離れた恋の相手の売れっ子作家・上原を安藤、上原の妻・亜津子を白須、女給・みわ子を岡元がそれぞれ演じる。

会見では、宮本が「今日(共演者の)皆さんと顔を会わせて、撮影が楽しみになりました!」とにっこり。

一方、役作りについて聞かれた安藤は「撮影前でまだそんなに役を掘り下げていないのでいい加減なことは言えないのですが、蜷川実花の映画『人間失格―』(2019年)には勝ちたいなと!(笑) 実花は友人なのでエールも込めて」と明かし、会場を沸かせた。

そんな中、この日が初対面という宮本と安藤がそれぞれの第一印象を語った。

宮本は「バラエティーに出演されているのを見て、映画などの出演作を拝見させていただいたのですが、映画で見る安藤さんとバラエティーなどで見る安藤さんにギャップを感じていました。そんな中で、今日初めてお会いしてすてきな方だなと思いました」と告白。

すると、安藤は「自分のイメージがいきなりバラエティーから入ってくるとは…。一応、25年間ずっと映画をやってきたんですけど…」と苦笑しながら、宮本の印象について「いつも駅にある(宮本が写った)看板を見ていて、きれいな人だなって思っていたので、そんな人と芝居で一緒になるというのは不思議な感じですね」と明かした。