ABEMAのオリジナル恋愛番組シリーズ最新作「恋愛ドラマな恋がしたい〜KISS or kiss〜」(毎週土曜夜11:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の第8話「黒く染まりゆく君に」が6月19日に放送された。まだ主演を勝ち取ったことのない最年長メンバー・ケイスケが本気のイメチェン。ケイスケも巻き込んだ三角関係は、さらに予測不能な展開を見せている。(以下、ネタバレがあります)


「恋愛ドラマな恋がしたい」は、若手俳優が毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様子を追いかける人気恋愛番組シリーズ。

今シーズンは、元AKB48メンバーの飯野雅(みやび)、本格的な演技初挑戦というモデル・久保乃々花(ののか)、女優でモデルの谷本琳音(りおん)、「ウルトラマンタイガ」でヒロイン役を務めた女優・吉永アユリ。そして男性陣は、話題作に出演する俳優・モデルの樫尾篤紀(あつき)、映画主演経験もある俳優・木田佳介(ケイスケ)、最年少20歳の俳優・京典和玖(わく)、モデルの藤林泰也(やす)、という顔ぶれ。

第8話では、5本目のドラマの台本が渡されペア決めが行われた。今回のドラマのタイトルは「世界で一番哀しいキスをして」。体だけの関係を続ける男女の悲しい恋物語が描かれる。見せ場は、濃厚なベッドシーン。

男女関係なくクジ引きで行われたペア決めで、わくがののかを指名し2度目のペアに。その後、ケイスケに思いを寄せるりおんがケイスケを指名。残ったメンバーのうち、やすとアユリ、みやびとあつきがペアに。ケイスケに思いを寄せるアユリと、ののかに思いを寄せるやすは、ライバルに相手を取られた格好になり落胆の表情を見せた。

■「悔しい…」涙のケイスケ、本気を見せる

ペア決め後、ケイスケは「選んでもらったのは嬉しい、でも複雑な気持ち。精神的にキツイ。1人だけ主演取れてないし、悔しい…」と涙…。最年長で演技経験も豊富ながら主演を勝ち取れていないことに焦りを見せた。

ケイスケの“本気”はその後、「同棲ハウス」に入居することになり、具体的な行動で示されることに。ケイスケはペアの相手・りおんに「(今回のドラマ)サラリーマンの役じゃん?オーディションでどうしても勝ちたくて、髪の毛を黒染めしてオーディション挑もうかなって」と打ち明け、「手伝ってくれない?」とお願いした。

その気持ちに答え、りおんは自分の服を染色剤で汚しながらもケイスケに協力。イメチェンを果たしたケイスケは、りおんと激しいベッドシーン稽古を繰り広げた。心機一転、新しい印象のケイスケに視聴者からも「黒髪もいい、主役取れますように…」「ケイスケの気合が感じられる、泣ける」「お芝居への情熱は、人一倍だもんね」と反響が寄せられた。

一方、アユリは一人けなげにケイスケを思っていた。同棲ハウスで夜を過ごすケイスケにLINEを送るなどアプローチを続けるも、芝居のことで頭がいっぱいのケイスケからは返事なし。同棲ハウスで距離が近づいたように見えるケイスケとりおんの関係にも、見守るスタジオメンバーの思いは複雑…。ケイスケとアユリ・りおんの三角関係は、ケイスケの俳優としての焦りを背景に大きく揺れ動く結果となった。

■やす、きっぱり「自分の気持ちはののか一本」

少しずつ結末へと近づいていく中で、ほかのメンバーの行動も積極的になってきている。やすはののかに「自分の気持ちはののか一本やから」ときっぱり伝え、わくとののかの間に割って入る決意を表明。ののかを巡るわくとやすのバトルもさらに激しくなってきそうな様相だ。

また、あつきはりおんを振って以降も本心がはっきり見えていなかったが、今回みやびに「自分の気持ちやみやびだったから、少しでも伝えたいと思った」と告白。みやびも中間告白でやすに振られたばかりとあって、意外な展開にみやびの幸せを願うファンからも歓声が上がった。

第9話は6月26日(土)に放送する。“ドラ恋史上最も激しいベッドシーン”が用意された5本目のドラマのオーディションと、その結果が明かされる。スタジオ陣からも「これ、演技!?」と驚きの声が上がったべッドシーンの全貌が次回、明らかになる。「ABEMAプレミアム」で配信中の限定エピソード『ふたりだけの秘密』では、ケイスケが決意の髪染めを行った「同棲ハウス」での様子を見ることができる。