西田尚美、市川実和子らが出演する公開中の映画「青葉家のテーブル」の新場面写真が公開。今作が映画初出演となったお笑い芸人・蛙亭の中野周平の場面写真が解禁された。

同作は、日々の暮らしに寄り添ったさまざまなコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」で2018年4月から配信が始まった短編ドラマを長編映画化した作品。シングルマザーの春子(西田)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達・めいこ(久保陽香)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来たことから起こる出来事が描かれる。

■蛙亭・中野がかわいすぎる

今回、公開された場面写真は、中野演じる知世の店「満福」の店員・紺介が、探し物をするシーンや外国人スタッフの横で通訳をこなすシーン、店員として大慌てで働くシーン。

元々蛙亭の大ファンだった松本監督の熱烈オファーにより、実現した今回のキャスティング。作品を観た相方のイワクラも「想像以上に素敵な作品で驚きました。中野さんのコント以外の演技を観るのは始めてだったので、作品の邪魔をしないかとても心配でしたが、めっちゃいい演技でした!」と感想を語っていた。

キャスト解禁時に中野は「周りの方も『かわいいかわいい』と言ってくださってましたので、自他共にかわいいと思われます」とコメントを寄せていた。

蛙亭は、2012年にイワクラと中野で結成されたお笑いコンビ。中毒性の高いコントで支持を得ており、2019年、2020年の「キングオブコント」では2年連続で準決勝進出。2020年4月に東京進出するやいなやわずか1年で数々のテレビ番組に出演し、急速に注目度が高まっている。

■松本壮史監督コメント

西田尚美さんと市川実和子さんの間でアワアワする役を探していました。劇中の2人はピリピリしたシーンが多いので中和できる可愛げを持った人物…ということで、元々ネタが大好きだった蛙亭の中野周平さんにお声がけしました。

ハイトーンボイスとあの笑顔、困り顔、ちょっとだけ丸みをおびたフォルム(中野さんすみません)、まさにという感じでした。撮影が始まれば相手が誰であってもいつも通りの蛙亭中野がそこにいて、そのハートの強さに圧倒されました。

中野さんの芝居の後は自然とスタッフ皆が笑顔になっていたのが印象的です。この映画のコメディ部分を担う存在として、紺介役を堂々と演じていただきました。

余談ですが、昨年オファーした時はキングオブコントの決勝間近。「蛙亭が準決勝で敗退したら映画に出演できます」と返答を頂き、決勝には行って欲しいけど映画のためには…と複雑な気持ちで日々を過ごしていました。今年のキングオブコントは決勝で爆発する蛙亭をただただ楽しみにしています。

松本壮史