恵比寿マスカッツの冠バラエティー番組「恵比寿マスカッツ ハニートラップTV」(ABEMAプレミアム)の#11が6月18日より配信。今回は、マスカッツメンバーの希島あいりがK-1ファイターの大沢文也選手に“ハニートラップ”を仕掛けた。

同番組は、芸能界のスキャンダルを未然に防ぐべく、プロの“ハニトラ集団”である恵比寿マスカッツのメンバーが芸能人たちにハニートラップを仕掛け危機感をあおる“ハニートラップドッキリバラエティー”。現在配信中の#11では、ニセ番組の収録と称して、“LINE交換”、“バックハグ2ショット”、“添い寝2ショット”の3ラウンド制で企画を実行。今回も“お試し”メインMCの藤原亜紀乃とともに、スタジオでは黒沢美怜、架乃ゆら、松本ゆん、広瀬りおなが“ハニートラップドッキリ”を見届けた。ゲストとしてK-1ファイター、K-1 WORLD GP三階級制覇世界王者の武尊選手、MCとしてオアシズの大久保佳代子と光浦靖子も勝負の行方を見守った。

■“エロティカ7頭身”希島あいり vs. 大沢文也選手!

今回のターゲットは、武尊と大親友の頭脳派ファイター・大沢選手、愛称は“ふみぴー”。武尊いわく「女性経験もあるし、女性をいっぱい見てきている」ということもあり警戒心が強いが、「好きになると一途」なタイプと紹介。

仕掛け人の希島が登場すると、武尊は「ふみぴーのストライクかもしれない」と好感触。光浦からは「良い匂いがする」との褒め言葉も。見届け人の松本も「たぶんタイプだと思うので、LINE交換はすんなりいくと思う」とコメント。

希島はセクシーな白いトップスとデニムのショートパンツ姿で大沢選手と対面。「お会いするのがうれしくて…」と大ファンを装う希島は、せきをした大沢選手に「大丈夫ですか?」と心配するそぶりを見せたり、最近変えた髪形を褒めたりと攻めていく。そんな仕掛け人・希島の第一印象を聞かれると「本当きれいだなと思います」「ドキドキしてきた」と答える大沢選手。

さらに希島が「蹴られたい」「生が好きです」など積極的な発言を重ね、本企画おなじみのクリンチをおねだりすると、大沢選手もまんざらではない様子で、希島の手を引っ張りほぼハグのようなクリンチを3度も実行。その様子にスタジオの松本や広瀬らも絶叫しながら大興奮。

2人きりになると希島は「年上の女性は嫌いですか?」と大沢選手に問いかけ、「全然恋愛してなくて、もう10年以上してないんです。2人きりって初めてなんです、本当に」「ヨシヨシしたいタイプ」とアプローチしていき、スムーズにLINE交換トラップを掛ける。

ホテルの一室へ移動すると、SNS用の2ショット写真の他に、“載せない用”の写真も要求。クリンチでのハグの再現をお願いすると、大沢選手は疑うそぶりを見せないどころか自ら腕を回し、希島がカメラを調整している間も長めにハグ状態を継続。続けて希島がベッドルームで練習と称してさらなるトラップを仕掛けるべく、「めっちゃ恥ずかしいので来てください!」とベッドの上へ誘導。希島の美脚が披露されるとともに、ナチュラルなトラップの応酬に大沢選手は終始翻弄されていた。

次回以降、仕掛け人として松岡凛が出演予定。