6月24日、東京・渋谷ヒカリエホールBにてタクティカルアクションゲーム「戦国無双5」の完成発表会イベントが行われ、同作との楽曲タイアップを行ったEXILE・AKIRA、SHOKICHI、白濱亜嵐のほか、大原優乃、株式会社コーエーテクモゲームス代表取締役社長/戦国無双5プロデューサー・鯉沼久史氏が登壇。イベントでは濃姫に扮(ふん)した大原が和服姿で、「無双」にちなんだ芸能界でも負けない自慢の特技を披露。また、EXILEメンバーは、織田信長&明智光秀のような「友でありライバルな存在」や「最も信長らしいメンバー」について明かした。

株式会社コーエーテクモゲームスは6月24日に、タクティカルアクションゲーム「戦国無双5」を発売。2004年に1作目「戦国無双」を発売してから17年、本作はシリーズ累計販売数770万本以上の「戦国無双」シリーズ約7年ぶりのナンバリング最新作となる。織田信長&明智光秀をシリーズ初のW主人公に据え、ストーリーやビジュアルを一新。新シリーズが幕開けする。

イベントでは、まず、AKIRAが「世界中に『戦国無双』のファンの方がいる中で、こうした大役を任せていただけることを大変うれしく思っています」と語り、白濱も「『戦国無双』シリーズは僕も小さい時からやっていたゲームで、今こうしてEXILEとして携わることができて本当にうれしく思っています」と続けた。

さらに、EXILE×「戦国無双5」スペシャルトレーラーが流れると、AKIRAは「改めて『戦国無双』の世界観に僕たちの楽曲がのっているのを見ると、本当に心が震えると言いますか熱くなると言いますか、今すぐ踊りたくなってしまいます。とても感動します」と話し、SHOKICHIも「歌詞の起承転結に、映像のストーリーを合わせていただいて、そして“音ハメ”のところにもタイミングを合わせていただいて、僕らがパフォーマンスするより格好いい状態になっているんじゃないかと思います(笑)」とコメント。

白濱は「今改めてトレーラーを見て、昔の自分に教えてあげたくなるくらいうれしいですし、楽曲もこのゲームにぴったりだと思っています。パフォーマンスも戦っているイメージで振り付けをやっているので、『戦国無双5』と『One Nation』が合体したからこそできたパフォーマンスになっていると思います」とアピール。

大原は「初めて『戦国無双』をプレーしたときに一番驚いたのが、映像の精密さでした。その迫力に衝撃を受けて、その上でEXILEさんの主題歌がより疾走感を加えていて、私もプレーするときはこの楽曲を流しながらプレーしたいと思いました」とコメントした。

■「One Nation」の作詞を手掛けたSHOKICHI「二面性を表せたらなと思いました」

「One Nation」の作詞を手掛けたSHOKICHIは、「ファンの方がたくさんいるシリーズですし、歴史ある作品なので、ただただ光栄な思いで、花を添える思いでトライさせていただきました」と思いを告白。

続けて、「天下統一のために乱世を生きていく中で、何かを得るために何かを失いながら、それでも自分の野望のために突き進んでいく姿、そのストーリーを自分なりに描きながら、乱世の激動感と、その中に潜む情緒と、その二面性を表せたらなと思いました。“静と動”、“激しさと静けさ”、そのコントラストをうまく描けたらなと思いながら作詞をさせていただきました」と明かした。

■濃姫のコスプレで登場した大原優乃「蝶がお気に入り」

濃姫のコスプレ姿を披露した大原は、衣装について「すごくデザインも細かく作られていて、濃姫は別名“帰蝶”とも呼ばれているので、その帰蝶から蝶を取って、衣装にも蝶がちりばめられているところがお気に入りです」と笑顔を見せた。

その姿を見たAKIRAは「大原さんがこういう格好をされてくることを知っていたら、僕たちもコスプレしてきたのになと思いました」と会場の笑いを誘い、それにSHOKICHIと白濱も同調。EXILEメンバーがそろってコスプレに意欲的な姿勢を見せた。

■AKIRAが絶賛「“カリスマ性”、“男性が惚れる”」

「戦国無双」に関連のあるキーワードを元にいくつかの質問コーナーが設けられ、「友でありライバルだと思う人は?」という質問には、それぞれ「過去演じた役」(大原)、「SHOKICHI」(AKIRA)、「Alan(白濱亜嵐)」(SHOKICHI)、「関口メンディー」(白濱)と答えた。

また、大原に向けられた「これならだれにも負けない!“無双”できる!という特技は?」という質問に、「かえるの物まね」と答えた大原がその場で物まねを披露する一幕も。

さらに、「EXILEメンバーで一番“織田信長”っぽい人は誰?」という質問に、「HIROさん」と答えたAKIRAと白濱。それぞれ「直球に“カリスマ性”、“男性が惚れる”というところで、HIROさんしか“織田信長”に合う人がいないです」(AKIRA)、「LDHメンバーが戦国時代に仮にいたとしたら、HIROさんはもう(まさに)“織田信長”っぽいな〜と。人に慕われて、上に上にと上り詰めていくというのは、(信長に)すごく通ずるものがあるなと感じました」(白濱)と理由を語った。

一方、「AKIRAさん」と答えたSHOKICHIは、その理由を「リーダーシップ、カリスマ性、見てくださいこのスタイル。どう考えても天下統一するスタイルですよね(笑)」と絶賛し、AKIRAは照れながらも「恐縮です。うれしいです。ありがとうございます」と返して、仲の良さを見せた。

■「戦国無双5」ゲーム概要

同作では、応仁の乱後から始まる戦国時代を舞台に、戦国武将の代表格である織田信長と、その信長を討った明智光秀という2人の武将の生き様を中心に描く。これまでのシリーズでは語られていなかった若き日の信長の姿や光秀との出会い、織田家を取り巻く武将たちとの死闘、そして本能寺の変へと続く激動の時代を、信長、光秀それぞれの視点で描き、新たな解釈の戦国ドラマを繰り広げている。

新展開に合わせ、これまでのシリーズにも登場した徳川家康、羽柴秀吉、濃姫、今川義元などの戦国武将たちのデザインを一新。さらに光秀の家臣である斎藤利三や、オリジ ナルキャラクターのみつきなどの新たな武将も含め、総勢27人の無双武将が戦国ドラマを彩る。

そして、戦闘もさらに進化。戦場や人物、エフェクトなどを、和を感じさせる新たなビジュアルに刷新。新アクション「閃技」も加わりさらに爽快、かつ華麗なアクションを体験することができる。また、時代とともに進化する敵兵の戦術をいかに突破するかという戦略を楽しむことも可能。