6月21日、グラビアアイドルの我妻ゆりかが自身のInstagramを更新。ワンピース姿で助手席に座った姿を公開し、話題になっている。

生まれつき感音性難で、幼いころから補聴器をつけて生活をしている我妻。コンプレックスだった補聴器・難聴を、今では個性の一つとプラスに変えて活動をしており、「補聴器をつけた天使」として人気を博している。

この日、我妻は「普段家で過ごしてる恰好で撮影会でたらみんなのことドキドキさせちゃった…!笑笑」とつづり、写真を投稿。写真には、キャミソールから美胸をのぞかせた我妻の姿が。ベッドの上に生足のままでちょこんと座り、かわいらしい印象だ。

この投稿に対し、ファンからは「こんなかわいかったらドキドキするよ〜」「いやされるかわいさ」「セクシー過ぎる」など、反響が続々と寄せられている。