6月24日放送の「秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX 合体SP」(日本テレビ系)で、松本人志が地方の番組のギャラ事情に言及する場面があった。この放送の「ダウンタウンDX」パートには地方出身の芸人たちがゲスト出演し、上京後の苦労などについてトークを繰り広げた。

将来は地元に戻りたいかという質問に「戻りたくないというか、東京に住んで大阪でレギュラー番組をやりたい」と答えたのは、大阪出身のFUJIWARA。熱望する大阪でのレギュラー番組について、藤本敏史は「なかなかやらせてもらえないのが現実」と嘆き、その理由を「東京の大物芸人の方が大阪で番組やるから、俺らの入る余地ないですよ」と愚痴っぽく説明する。

その後、大阪でレギュラー番組を持っている芸人として明石家さんま、浜田雅功、そして松本の名前も挙がったが、松本は「ほぼあれやで、ほぼノーギャラに近い感じで俺やってるからね」と地方制作の番組のギャラ事情を告白した。

すると浜田が「“ほぼ”ってなんなん? もらってるんでしょ?」と松本の言葉を聞きとがめ、原西孝幸も「もらってますやん」と指摘。松本は無言のまま浜田と原西の顔をキョロキョロと見回し、スタジオの笑いを誘っていた。

放送終了後のネット上には視聴者から「地元でレギュラー番組をやりたいっていうFUJIWARAの気持ちはわかるなぁ」「ほぼノーギャラがいくらくらいなのか気になっちゃう」などのメッセージが書き込まれていた。

次回の「ダウンタウンDX」は7月1日(木)放送予定。