映画「Arc アーク」(公開中)の公開初日舞台あいさつが6月25日に東京都内の劇場で行われ、出演者の芳根京子、寺島しのぶ、岡田将生、清水くるみ、小林薫、鈴木咲と石川慶監督が登壇した。

同作品はケン・リュウの同名短編小説を映画化したもので、人類史上初めて永遠の命を得た女性の人生を描く驚嘆と不思議に彩られた壮大なるエンターテインメント。17歳で人生に自由を求め、生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナ(芳根)は、19歳で師となるエマ(寺島)と出会い、彼女の下で故人を在りし日の姿のまま永久に保存する「ボディワークス」を作る仕事に就く…というストーリー。

舞台あいさつでは、登壇者それぞれが注目してほしいポイントをフリップに書いて発表した。

「たくさんの愛」と書いた芳根は「この作品はたくさんの愛情や友情が描かれていますし、何よりキャストの皆さん、スタッフの皆さんに石川さんへのたくさんの愛があって、石川さんは作品に向けたたくさんの愛があるという、作品の中でも現場でもたくさんの愛を感じる作品になりました」と明かす。

一方、寺島は「ボディワークス」のための施術「プラスティネーション」を挙げ、「監督から初めて台本を頂いた時に(ファンタジー過ぎて)全く意味が分からなかったんです。それで『とにかく現場に行って考えよう』って思いながら臨んだのですが、そんな(アプローチで臨んだ)作品は初めてに近いことで…。ただ、この“プラスティネーション”だけは自分(エマ)が一番のパイオニアで、リナに伝承していくというものだったので、『ここだけ成立すればいいかな』って思っていたくらい大事にしていたシーンなので」と告白。

すると、芳根が「しのぶさんが練習している姿を見て本当に焦りました。『もっと自分が頑張らないと説得力が出ない』と思って、とにかく(寺島の)背中を追い掛けさせてもらいました」と撮影を振り返った。

また、「海辺」と書いた岡田は「新たな一歩を踏み出した時に訪れる衝撃的な事実を告げるシーンなど、この映画の肝となるシーンが海と近くて、その先に広がっていく世界の広さなどをすごく感じるなって思ったんです」と語り、観賞後の観客たちの共感を得ていた。