GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の6月27日(日)の放送回では、GENERATIONSのメンバーたちが、白濱亜嵐主演ドラマ「泣くな研修医」(毎週土曜夜11:00-11:30、テレビ朝日系)に、エキストラとして見切れ出演した際の裏側を公開する。

■白濱亜嵐には内緒「度胸見切れ選手権」

白濱に内緒で行われていた「度胸見切れ選手権」では、早朝から集合したメンバーたちが、メイクのみならず、カツラや衣装、また、細かい役作りなど、細部までこだわりぬいたキャラクターに変身し、「どれだけ存在感を出しながら、長く出演できていたか?」を重視した、試行錯誤の役作りに挑戦した。

関口メンディーが、“とある理由”から女性看護師役で登場したり、メンバーのなかでも豊富なドラマ経験を持つ片寄涼太は、今回、初めてのパパ役で登場する。

白濱から「これ最終回やで!?」とツッコまれながらも、見事、優勝したメンバーを発表する。

白濱が、思わず「唯一、GENEで演技を絶対やらないって言ってたのに…」と驚きの表情を見せた、ドラマ初出演となる数原龍友が、「昨日から気持ち、作ってきました」と意気込んだ撮影の裏側や、チョイ役にもかかわらず、メンバーたちは、ドラマで使われるギリギリをねらって攻めまくっている。

■「これまで、イケメンってことをかくしてきたんです」

番組の後半は、小森隼とメンディーによる番外編として、「これまで、イケメンってことをかくしてきたんです」と語るメンディーによるポスター撮影の様子や、女性とのラブラブ動画撮影に挑む小森の、貴重なイチャイチャシーンを見ることができる。