吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第20回「篤太夫、青天の霹靂(へきれき)」が6月27日に放送された。渋沢篤太夫(栄一=吉沢)の用心棒として登場した土方歳三(町田啓太)。史実にも残っているという2人の交流に視聴者から歓声が上がった。(以下、ネタバレがあります)


家茂(磯村隼斗)が亡くなり、慶喜(草なぎ剛)が徳川宗家を継いだ第20回。大嫌いだった幕臣になってしまい、失意の日々を送る篤太夫はある日、謀反の疑いのある人物の捕縛を命じられた。その警護のために同行したのが、新選組副長・土方歳三だった。

「(謀反人を)我らがひっ捕らえるゆえ、そのうえにてご自分のご使命を達せられよ」という土方に、「それはいかん」と難色を示した篤太夫。「まだ罪があるかどうかわからぬ者を有無を言わさず縛り上げるは道理に外れておる」と説き、たった一人で謀反人と目される人物のもとを訪ねた。

しかし邸内に招き入れられると、そこには尊攘派志士たちの姿が…。幕臣である篤太夫はあっという間に取り巻かれ、刀を突き付けられた。

そこに颯爽と登場したのが土方だった。「神妙に縛につけ」と言い放つと鮮やかな刀さばきで志士たちを蹴散らし、場を制圧した。

■町田啓太“土方歳三”に歓声あがる「リピしまくった」

あまりにもカッコいい土方の活躍シーンに、視聴者からは興奮の声が続々。「土方さん、めちゃくちゃカッコイイ!!」「殺陣シーン、リピしまくった」「青い羽織が最高に似合ってます!」「いろんな土方を見たけど青天の土方さん美しすぎる!!」といった歓声が上がる盛り上がりを見せた。

役目を終えた土方と、篤太夫の会話も胸を熱くさせるものだった。武州ことば丸出しで身の上を語る篤太夫の話を聞き、「なるほど…。それで先ほどから左様なことばであったのか。ハッハハハ!合点がいった。俺は武州多摩の百姓だい」と驚きの告白。

2人の距離は一気に縮まり、最後は「いつかまた会った時に恥じぬよう、俺もなるたけ前を向いて生きてみることにすんべぇ」という篤太夫に土方も「生きる、か…。ああ、いつか必ず」と応じ、2人は笑みを交わして別れた。「青天を衝け」公式Twitterの「#青天ナビ」によると、謀反人の家に踏み込むことに対する2人のやりとりは史実をもとにしているという。

吉沢演じる篤太夫と、町田演じる土方歳三。麗しい2人の出会いに、視聴者からは「2人のやり取りにシビれた!」「土方さんの『生きる、か…』がカッコよすぎた」「吉沢亮に町田啓太…こんなイケメン大河見たことない!」の声も上がるなど、大きな盛り上がりを見せた。