俳優の鈴鹿央士が6月27日に自身のInstagramを更新。合格発表掲示板を笑顔で指さす写真とともに、同日に最終回を迎えた日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)への思いをつづり、反響を呼んでいる。


同作で藤井遼を演じた鈴鹿は「日曜劇場『ドラゴン桜』最後までご視聴ありがとうございました。結果はダメでしたが、藤井遼くんは人として大きく成長できたと思います。東大専科との出会い 桜木先生と水野先生との出会い 藤井遼との出会い 全ての出会いが自分にとってとても大切な財産です。見てくださった方々の言葉には感謝しかありません。最後まで藤井くんを温かく見守ってくださってありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えた。

また、「自分の番号があるはずだったところ、指差してみました」とコメントを添え、劇中でのトレードマークの眼鏡を外した笑顔を公開した。この投稿には、28日夜7時半の時点で6.7万の“いいね!”が寄せられている。

この投稿を見たファンからは「藤井くんが央士くんでよかった!」「藤井くんの成長っぷりに涙しました」「間違いなくMVPだと思う!」「ヒール役からヒーローへの変化に感動した!」「最高の日曜日をありがとう」「しばらくはロスになりそう…」など、難しい役どころを演じ切った鈴鹿をたたえるコメントのほか、ドラマ放送終了を惜しむ声も多数寄せられている。