6月29日(火)夜11:56〜深夜0:53、毎日放送(MBS)にて「ごぶごぶ」が放送。浜田雅功らの“相方”には6月22日放送から引き続き、芳根京子が登場する。前回、「今日は、私のヒミツを教えたいと思います」と手書きの自己紹介フリップまで持ち出しやる気満々だったが、今回も芳根の“ヒミツ”が次々と明らかになる。

■トマト好きの芳根が、トマトにかぶりつく!

後半戦は、母親から「あなたの体の8割はトマトで出来ている」と言われる程“大のトマト好き”だという芳根京子のため、「なにわのT(ティ)-1グランプリ」を開催する。そこで、自らの畑を持ち、農家としての顔も持つ笑い飯・哲夫が大阪から関西の絶品トマト3種類を紹介する。

芳根が一番好きだという品種は“ニセコのみっちゃんのトマト”なのだが、まだ収穫時期ではないため、それに代わるお気に入りトマトを実際に1種類ずつ食べ比べて探していく。トマト好きとあって、それぞれの特徴を的確にコメントしながら、かぶりついていく。

最後に食べた見た目が緑色のトマトでは、浜田雅功が「そんな顔まで大丈夫か!?」と心配するほどの女優にはあるまじきインパクト大な表情を見せるのだった。

■芳根がくやしがる新メニュー!

次に、芳根京子が「大好きな思い出の味・パート2」を浜田雅功に紹介する。アキナがリポーターとして登場し、大阪・旭区の閑静な住宅街にポツンと佇む焼き肉店を訪れる。そこで、アキナから「浜田さんここ見覚えありませんか?」と質問が飛ぶと、浜田は「僕は行ったことないと思いますけど…」と戸惑うが、今回紹介する店は、3年前に葵わかなが出演した際に訪れていた店だと知らされる。

その時は、店の場所や名前を公表しないことを条件に撮影を行い、外観も全モザイクで放送したが、今回はなんとモザイクなしのテレビ初公開で紹介。早速店内に入ると、壁には朝ドラ出演者をはじめ、俳優・女優・スポーツ選手と名だたる有名人のサインが並び、昨年も訪れたという芳根のサインも見つかる。

そして、今回はこの1年の間に新しくなったものを芳根に紹介するということで、まずは、新メニュー・山形牛を使った「焼きしゃぶ」が登場。芳根はアキナが食べている姿に「焼き肉食べてるところ見るのは、ほんとにつらいですね…」ともだえながらうらやましがる。

■謎のグランプリ開催も、会場は大混乱!


続いての芳根のヒミツは「肘の皮」。浜田が思わず「どういうこと?」と問いただすと、芳根は「肘の皮を触るのが好きで、特に幼いころ母の肘の皮を触るのが好きだった」と告白する。そこで再び哲夫が登場し、芳根好みの肘の皮を紹介する「肘の皮-1グランプリ」が開催される。

中継先には「我こそは」という3人の女性芸人が集結。そして、会場の会議室の扉を開くと、肘を強調したダンスで暴れ狂う吉本新喜劇の未知やすえ、島田珠代、森田まりこの姿があり、浜田は「この番組だけやろ! こんなん出てくんの…」と大きなため息をつき、頭を抱えてしまう。