江口洋介、舘ひろし、タモリ、滝川クリステル、高畑充希が出演するキリン「本麒麟」の新CMが7月3日(土)より放送される。また、同日よりCMメーキング映像と「私の本当にうまい!もの」をテーマとしたCM初登場の高畑へのソロインタビュー、江口、舘、タモリ、滝川のスペシャルトークも公開される。

同CMでは、赤のセットのカウンターを囲みながら、江口と4人の出演者が「私の本当にうまい!」をテーマに語り合う。「本麒麟」CMに初登場の高畑が出演する「『本麒麟』私の本当にうまいもの 高畑さん」篇では「じんわりおいしい」というユニークな感想が飛び出し、江口と笑い合う和やかな様子が見られる。

また、CMメーキングには、江口と4人の共演者の和気あいあいとした撮影風景や「本麒麟」を味わう撮影シーンが収録。さらに、「『本麒麟』高畑充希さん新CM『私の本当にうまいもの』公開記念スペシャルインタビュー」では、高畑が初めて「本麒麟」のCMに出演をした感想や食へのこだわりなどを語る。

■高畑充希インタビュー

――CM撮影の感想を教えてください

テレビで拝見している赤い空間に自分が入ってるのは不思議な感じでしたが、江口さんと久々に再会できて、一緒にお酒を飲めたのは、うれしかったです。

――CMのテーマ「私の本当にうまい!もの」にちなんで、「本当にうまい!」と心から思ったおいしい食べ物は?

いっぱいありますよね。私、お刺身が大好物なので、生のお魚とか、生のお肉も好きなんですけど、そういうのを食べると、いつもテンションが上がります。本当は、旬のお魚をお店だったりカウンターの和食屋さんとかで食べるのが好きですけど、今なかなか、お店もやってないので、買ってきたお魚を、おうちでもおいしく食べます。アジとかヒカリモノが結構好きで。ああ、そう、サバも好きなのでさば寿司も好きです。

――自炊も時々されるとのことですが、「これは『本麒麟』に合う」というお薦めの料理はありますか?

「本麒麟」は何にでも合いそうな感じがしますよね。私は、おうちで食べるときは、ちょっと茶色いご飯というか、和食とか煮物とかが好きなので、そういうちょっとほっこり系のおかずと一緒に飲みたいなと思います。あとは手羽好きなんですよね、手羽をこう、お骨をきれいに食べるっていうのが好きなので。ああいう鳥手羽系の煮物とかも絶対合うだろうし、うん、でも、何でも合いそうですね。

――CMのテーマ「私の本当にうまい!もの」にちなんで、「密かに高畑さんがうまいもの・上手なこと」を教えてください

刺しゅうが好きで、やるときもあれば全然やらないときもあったり波があるんですけど、やりだすと、結構凝っちゃいますね。でも、刺しゅうするので満足しちゃうので、それを形にして何かにすることはそんなにないかもしれません。してもキーホルダーとかポーチぐらいです。最近は知り合いを刺しゅうするっていうのにハマってます。写真をトレースして、それを刺しゅうするっていうのがブームです。誕生日にご本人を刺しゅうしてプレゼントしたりしたこともあります。

――お酒を「一日の締めくくりに飲む」とのことですが、どんな風に、何をしながら飲むことが多いですか?

大体ダラダラしながら飲んでます。今だったら、動画配信サイトとかでドラマ見たりしながら飲むことが多いです。

――最近はなかなかできませんが、お酒を飲みながら仲間と語り合う、みたいな会は多かったのでしょうか?

私は、俳優さんのお友達よりは、ちょっと違う職種のお友達の方が多いので、そういう別の世界の話を聞きながら、しっぽり飲むのが、すごく好きです。日々起こってることとか、悩みが少しずつ違うから面白いなと思います。語るよりは楽しい、ゆったりしたお酒が好きです。

――「本麒麟」の味を、高畑さんらしい言葉で表現してください

最初飲んだときもびっくりしたんですけど、とっても優しい味で。パッケージの印象がガツンと来るので、ガツンとした味かなと思ったら、すごくまろやかで、多分、どんなご飯でも合うんだろうなぁと思いました。すごくおいしいです。

■江口、舘、タモリ、滝川のスペシャルトーク

高畑のインタビューとは別に、江口、舘、タモリ、滝川の和気あいあいとしたスペシャルトークが公開。CM撮影を終えた4人がリラックスした表情で集合すると、「お集まりいただき、ありがとうございます。」という江口の音頭でトークがスタート。「本麒麟」を味わいつつ、CM撮影や「本麒麟」を楽しみたくなる場面についてそれぞれが明かす。

最後には、舘からのお題である「本麒麟」に合う料理についてもトークが弾み、江口は肉料理、滝川は何でも合うけれどもエスニック料理と話し、タモリは和食でも洋食でも何でも合うと思うと語る。

■出演者のコメント

江口:スタジオに入るといつも見慣れたセットではなく、セットが一新されていたのでびっくりしました。今回は、僕がタモリさん、滝川さん、高畑さん、舘さんに「本麒麟」についての話や「本麒麟」のエピソードをお聞きする形での撮影となりました。皆さまのそれぞれのこだわり、本当のお話がお聞きできました。実は、舘さんとは初めてお仕事をご一緒するということで、ちょっと緊張しておりました。撮影前に趣味のお話などをさせていただき、撮影に入る前にはすっかり緊張がほぐれ撮影に臨むことができました。

タモリ:スタジオに入ったとき不思議な感じがしました。セットが一新されたことが要因だったんですね。僕の「本麒麟」へのこだわりなどを説明したところ、江口君も興味津々の様子でした。ついつい自宅でのエピソードを話してしまいました。

滝川:セットが一新されて、雰囲気が変わりましたね。江口さんとも久しぶりにお会いするので、撮影前からいろいろなお話をさせていただき、リラックスした状態で撮影に臨むことができました。家でも「本麒麟」を飲んでいて、飲んだ後の甘みと苦みが絶妙で、幸せにしてくれるんですよね。撮影でも「本麒麟」をいただき、改めておいしさを実感しました。

舘:江口さんとは意外にも初共演で、撮影前はお互いに緊張しちゃいました。CM撮影を終えたスペシャルトークでも話しましたが、アドリブが苦手なので、CM撮影だということでさらにドキドキするんですよね。江口さんに引っ張ってもらえて、楽しく撮影ができましたよ。実は、撮影日前に飲み比べをしまして、「本麒麟」の真っすぐな味が気に入りました。特に夏のゴルフ終わりの「本麒麟」はいいですね。