菅田将暉が6月28日、都内で開催された映画「キネマの神様」(8月6日[金]公開)の完成披露舞台あいさつに、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、前田旺志郎、宮本信子、山田洋次監督と共に登壇した。

松竹映画100周年を記念した同映画は、人気小説家・原田マハによる「キネマの神様」を山田監督が映画化。故・志村けんさんの遺志を継いだ沢田研二と菅田がW主演を務める。

同映画は、2020年3月1日のクランクイン以降、W主演予定だった志村さんの突然の逝去、緊急事態宣言による撮影の長期中断、そして2度の公開延期と次々と困難が降りかかったが、このほど完成し、初めて観客にお披露目された。

50年前、撮影所で助監督として夢や恋を追う若き日のゴウを演じた菅田は「やっとお客さんに見ていただけるので、ワクワクしております」と爽やかな笑みを浮かべる。

年を重ねたゴウはもともと志村さんが演じる予定だったこともあり、菅田は志村さんの本読みを見学してから撮影に入ったという。

菅田は「僕は志村さんの演じるゴウを想定してのお芝居をしていて。ちょうど撮り終わった後にああいう状態になって。撮影が止まり、現代パートはどうなるのかと思っていましたが、山田さんが脚本を追加して書き直して。それを読んだ時に、もちろん残念なことではあるんですけど、また1個違うパワーがそこから生まれている感じがして」と当時の心境を告白。

また、「その本を読んだ時にすごく公開の日が楽しみだったし、沢田研二さんが演じたゴウを見たときに僕は勝手に志村さんを感じました。僕らの過去パートをご覧になってから演じてくださったのも1つの理由かもしれないけど、確実にいろんなものが残っていて、他にない映画に間違いなく、なっているなと思いました」と手応えを明かした。

山田監督は「沢田研二さんがピンチヒッターを引き受けてくれて、志村けんとは違う沢田研二の“ゴウ像”を作り上げてくれた」としみじみと明かし、「大変な出来事を経て、この作品が別の要素を持って出来上がったんだとどこかに思いながら見てください。そして、亡き志村さんのことも思い出してください」と熱く語った。

舞台あいさつでは、撮影中に奇跡を感じた瞬間や印象に残っていることについてトークする一幕も。菅田は「難しいですね」と言いつつも、「個人的に山田組に参戦できたことが何よりもうれしくて」とニヤリ。

また、山田組恒例のリテーク(一度撮影したものを撮り直すこと)について触れ、「他の映画の撮影現場ではそんなことはほとんどないので、あるのかなと思ってました。けど、一見それはよくないことに聞こえるかもしれないですけど、こんなにもう1回求めてくれるんだ、僕ら以上に撮った後に考えてくれていると感じ、すごくうれしかったです」と振り返り、「山田監督との時間は奇跡的な時間でした。本当に幸せでした」と感謝した。

永野は「監督が突然『How are you?』と聞いてきてくれて。監督の英語を聞けたという奇跡的な瞬間と、監督が英語で私に聞いてくれるという驚きがありました」と笑顔でエピソードを披露。

同映画の撮影中に第1子を妊娠した北川は、山田監督に最初に伝えたそうで、「その時に『いいお母さんになってください。子どもを持つ経験は女優をやっていく上で糧になって成長できるでしょうから、次のステップでも頑張ってください』という言葉をかけていただいて、すごくうれしくて涙が出ました」と感慨深い様子で告白していた。


◆取材・文・撮影=TAKAMI