井ノ原快彦が主演を務めるドラマ「特捜9 Season4」(毎週水曜夜9:00-9:54※30日は夜9:00-10:04、テレビ朝日系)が、6月30日(水)に最終回を迎える。最終回では、新たに起きた男性刺殺事件をきっかけに特捜班が執念の再捜査に乗り出し、今シーズンを貫くすべての謎にたどり着くストーリーが展開していく。

また、これまでつかず離れず“くされ縁”のような関係だった小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)にも展開が。今シーズンでは負傷した村瀬を志保が献身的にサポートし、かけがえのない存在であることが伝わる場面が多数描かれてきたが、村瀬を襲ったアクシデントで一気に距離が近づいた2人の関係が動きだす。

そして、それぞれの思いが結集する感動の場面も。長い歴史を重ね、「特捜9」メンバーたちが深い絆を紡いできたからこそのシーンが描かれる。

■最終回拡大スペシャルあらすじ

車椅子生活となった村瀬健吾(津田寛治)のため、バリアフリーの物件を探していた小宮山志保(羽田美智子)はパトカーのサイレンから近くで事件が起きたことを知り、現場に駆けつける。

事件が起きた高架下にはすでに捜査一課が到着していたが、志保は運び出されてきた被害者の遺体から、“ある香り”がするのに気づく。それは、村瀬が刺された事件のときに感じた香水の匂いと同じだった。志保は、そのことを捜査一課の主任・高木(利重剛)に伝えるものの、まったく取り合ってもらえない。

同じ頃、浅輪直樹(井ノ原快彦)たちも村瀬が刺された事件について話し合っていた。直樹と新藤亮(山田裕貴)は、被疑者・曽根明子(東ちづる)と親子を装って暮らしていた溝口泰幸(川合智己)から話を聞き、泰幸の犯行だと思いこんだ彼女が罪をかぶろうとしているのではないかと考えたのだ。となると、高架下で起きた殺人は、村瀬を刺した真犯人が新たにおよんだ凶行なのではないか、疑念を抱いた特捜班は、独自の捜査を開始する。

そんな中、村瀬が特捜班に復帰する。村瀬もまた、自身を刺したのは明子ではないという考えを一同に明かす。実は刺されたとき、村瀬は薄れゆく意識の中で逃走する犯人の足音を聞いていたのだ。その歩数や足音の印象から、村瀬は自分を刺したのは男だと直感していた。そこへ、高架下の事件の被疑者確保の知らせが入る。

その矢先、捜査本部を訪ねた国木田誠二(中村梅雀)は、東京地検察次席検事・渡辺理人(佐野史郎)直属の部下である切れ者検事・小泉真希(栗山千明)の姿を見かけ、地検がこの一件の早期送検に向けて捜査一課に圧力をかけていることを知る。