オーストラリア産牛肉の生産者団体「MLA豪州食肉家畜生産者事業団(以下、MLA)」による「オージー・ビーフ 2021 サマーキャンペーン」発表会が、6月29日、都内にて行われ、ゲストとして庄司智春、藤本美貴が登壇。コロナ禍で“おうち時間”が増えた昨今の、家族での過ごし方や日々の食事について語った。

■藤本の“物を捨てる癖”に庄司が不安…!?
夫婦でイベントに出演する機会は初めてということで、庄司は「一緒に出席できるのはうれしい」、藤本は「ドキドキしています」とあいさつをし、笑顔でトークショーがスタート。
まずは“おうち時間”について聞かれると、「家でBBQをしたり、プールを出して水遊びを楽しんでいる」という2人。続けて、「2月にミキティが誕生日だったので、子供たちと一緒に(藤本の)年の数だけ折り紙でバラを折って楽しみました」(庄司)と、家族で仲良く過ごしている様子を明かした。

また、コロナ禍で藤本が片付けをよくしていたと語り始めると、庄司は「彼女はよく物を捨てる癖がある。2人でおそろいの指輪を買ったことがあるけれど、ケースを捨ててしまって、その中に僕の指輪が入っていた。しまいには僕を捨てるんじゃないかと不安な毎日です」と打ち明け、会場を沸かせた。

2020年には第3子が誕生している夫妻だが、家事については「(庄司は)すごく手伝ってくれています」という藤本。「自分の中でルールを決めていて、洗い物とかは見てしまったらやるようにしている。見て見ぬふりをするのはできない」という庄司に、藤本が「じゃあ置いておけばいいってこと?」と尋ねると、「でも見ないようにキッチンに入ることもある…」(庄司)と、自然体の夫婦の姿が垣間見える一面もあった。
そして、トークテーマは料理へ。「(藤本は)お肉料理を結構出してくれる。僕は筋トレをしているので、タンパク質を取らせてくれているんだと思います。中でも好きなのは、牛肉のピリ辛の煮込み料理」と、庄司が藤本の料理の腕を絶賛。一方、庄司自身も料理をするそうで、「筋トレ後の“筋肉メシ”は自分で作るし、BBQで焼くのも自分。あとは、彼女が出掛けているときには、子供たちのご飯を作ったりします」と切り出すと、藤本も「チャーハンとかオムライスをお店で出るみたいに盛り付けてくれる」と褒めるが、庄司は「どうせ作るならSNSにアップしたいから」と本音を打ち明け、藤本から「女子かよ(笑)」とツッコまれていた。

■柔らかくてジューシー! 庄司&藤本がステーキに舌鼓
さらにここから、庄司がオージー・ビーフの厚切りステーキをおいしく焼くことにチャレンジ。MLA駐日代表のスコット・ウォーカー氏から、「STEP1 室温に戻した肉の両面にオリーブオイルを塗り、塩コショウを振る」「STEP2 焼く際に裏返すのは1度だけ」「STEP3 アルミホイルで包んで寝かせる」の3つの工程を教わって焼いたステーキには、「すごい柔らかい!」「めっちゃおいしい!」「すごいジューシー!」と2人そろって称賛の嵐。「あらためておいしい焼き方を教えていただいて、今日の夜にも実践したい。なかなか外にも出ずらいので、皆さんも家庭でおいしいオージー・ビーフを食べて、家族で幸せな時間を過ごしてもらえたらなと思います」(庄司)、「この焼き方を皆さんにも知ってもらって、あらためてオージー・ビーフのおいしさを感じてもらいたいです」(藤本)と、それぞれ喜びの声を上げ、発表会を締めくくった。

同キャンペーンは、2021年、オージー・ビーフが日本の食卓に並び始めて30周年という節目を記念して始まったもの。オージー・ビーフでこの夏の日本の食卓を盛り上げるべく、オーストラリアではBBQを「バービー」と呼ぶことにちなみ、「レッツバービー!オージー・ビーフで、明日も元気!」というキャッチコピーの新CMがお披露目された他、2030年に向けてカーボンニュートラルを目指し、環境へも配慮していくことなどが発表された。