田辺エージェンシー×秋元康×TBSがタッグを組み、将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成するプロジェクト「私が女優になる日_」(毎週土曜深夜0:58-1:28、TBS系)。WEBザテレビジョンでは、プロジェクトメンバーによる連載インタビューを実施。今回は、東京都出身の18歳、岡田里穗に話を聞いた。

約9000人の応募の中から選ばれたプロジェクトメンバー10人が、ドラマ出演を懸けて“演技バトル”を繰り広げる同番組。毎週オリジナル脚本による演技課題が出され、審査員の投票ポイントによりランキングがつけられる。最終的なポイント上位3名に、秋から放送されるドラマの出演権が与えられる。

■「自分を変えなきゃいけない」と強く思った

――はじめに、今回のプロジェクトに応募しようと思ったきっかけを教えてください。

ずっと自分のことがあまり好きじゃなくて、18歳っていう人生の節目の年を迎えたことで、「自分を変えなきゃいけない」と強く思いました。そんな時に母がこのオーディションのことを教えてくれて。ちょうど、高校を卒業するタイミングで進路に悩んでいた時でもあったので、今回、挑戦してみようと思い、応募しました。

――もともと女優さんになりたいと考えていた?

いえ、全く考えてませんでした。演技なんて、今までまったくしたことがありませんでしたし…。でも、(募集要項に)「自分を変えたいと思ってる人も応募してください」とも書いてあって、「これかもしれない!」って、ビビっときたんです。

――「自分を変えたい」というと、具体的にどんなところを変えたかったのでしょうか?

すぐへこたれちゃうし、自分に自信が持てない。そういうネガティブな性格を変えたかったんです。

■藤森慎吾のアドバイスで心が楽に

――初めて人前で演技することに抵抗はなかったですか?

自分のお芝居にポイントを付けられるのが最初は怖かったです。そのうえ、審査員の方にコメントされるという…とにかく、すごい怖かったです(笑)。

――演技バトルは真剣勝負の場です。これまで部活動などで人と競い合った経験は?

学校でダンス部に所属していた時に「レベルテスト」というのがあって、同じ学年の1位から最下位まで順位が出るんです。それが本当に嫌で勘弁してくれって感じでしたね。

――毎週、順位が目まぐるしく変動する「私が女優になる日_」は、レベルテストより過酷かもしれないですね…。

途中まではポイントを気にしすぎちゃって、本当にしんどかったです。でも、リモートバトルが終わったあたりから、いろんな人に相談するようになりました。今までは人に相談なんてしないタイプだったんですけど。特に、藤森(慎吾)さんから「いいところをもっと伸ばす考え方にしたら?」とアドバイスをいただいてからは、いい意味で気にしすぎず、気楽にやれるようになりましたね。

あと、藤森さんのアドバイスもそうですが、周りの家族やメンバーに相談をしたことも大きかったです。自分に自信を持とうというか、意識を変えるきっかけになった気がします。

――メンバーだと誰に相談を?

飯沼(愛)さんに相談しました。「どうしたら良くなると思う?」って聞いたら、私の良いところを挙げてくれて「これから絶対、ポイントを取るようになるから、今は自信をもってやっていれば、そのままで大丈夫だよ」と励ましてくれました。すごいありがたいし、うれしかったですね。

――放送を見て、ご友人やご家族など周囲の方がどんな反応をしていたか聞かせてほしいです。

友人など、いろんな人に応援してもらっています。あと、「里穗ちゃんが頑張ってるから私も頑張ります」と言ってくれる後輩の子とかもいて、すごくうれしいです。自分が誰かの頑張る理由になれているって、いまだに信じられません。たぶん、見てくれてる人や応援してくれる人がいなかったら、とっくにへこたれてましたね。

■「憧れの俳優」に意外な名前が

――「憧れの女優・俳優」には蒔田彩珠さんと杉本哲太さんを挙げています。お二人に憧れる理由は?

蒔田さんは同い年なんです。小さい時からずっと色んな作品に出演されていて、“昔は学校の中の目立つ可愛い子”っていうイメージだったのが、大人になるにつれてすごく綺麗になられていて。お芝居も蒔田さんにしか出せない色を持っていて、素敵ですね。

杉本さんは、コミカルな役を演じた時に、コワモテな見た目とのギャップがあって、他の役者さんより何倍も面白くなるのがすごいなって思っています。私も、杉本さんのように、役どころによって全然見せる顔が違う俳優さんになりたいですね。

■メンバーは「同じ夢を持つ“同志”」

――演技バトルに臨むうえでどんな準備をしているか教えてください。

まず自分が演じる役がどういう子なのか、性格や心情をちゃんと考えてからセリフを覚えるように意識しています。

――読み合わせなどもしているのでしょうか?

読み合わせは、、、結局、家族とかとやるのは緊張しちゃうし、恥ずかしくてできないので、基本は一人で練習しています。でも、収録の日には、メンバーに「やってもらっていい?」って聞いて、お互いに読み合わせしたりしていますね。

――メンバーとは仲が良いんですね。

そうですね。番組だけ見ると、バッチバチに見えるかもしれないですけど(笑)。

――そう思っていました(笑)。それでは、岡田さんにとってメンバーはどんな存在ですか?

同じ夢を持つ“同志”みたいな感じかな…。女優さんって基本的に何人かで目指すものではないと思うんです。今回は、同じ夢をみんなで一緒に目指しているからこそ、頑張れるのかなと思います。

――今、“夢”という言葉が出ましたが、岡田さんの現時点での将来の夢は何ですか?

とにかく今はお芝居が楽しくてしょうがないので、いろんな役柄に挑戦したいです。日曜劇場に出てみたいです。あとは、ちょっと深い作品というか、人間の表面だけじゃなく、内側の部分を表現する映画に出演することが夢ですね。

――順位がつけられることについてどう思いますか?

あまりポイントは気にしないようにしてるんですけど、ドラマ出演の枠は決まっているので、まだ出演できるかどうかはわからない状況ですが、変に焦ったりすることはなく、気楽にやっていきたいです。

――これからのプロジェクトへの抱負をお願いします。

残り少ないバトル、一回一回を大切にして自分の良さをどんどん伸ばしていきたいです。そうすれば、結果はついてきてくれると思うので頑張ります。