“始まる青春”をキャッチコピーに掲げ、等身大の青春をテーマに2018年より活動中のガールズユニットHello Youth。7月18日(日)には、福岡・DRUM LOGOSでの3周年ライブ「popping session」が控え、そのライブで披露される初のソロ曲をかけての「ソロ曲争奪戦」も開催中だ。合わせて2期生の募集も行われ、3周年ライブを機にHello Youthはさらなる進化を遂げようとしている。そんな大きな節目を迎えるHello Youthの大島向葵、田仲笑茉、大葉みらい、藤咲まりな、花城玲奈、平松聖菜に、3周年ライブやソロ曲争奪戦について、新たに加わる2期生への期待、グループ4年目の抱負などを聞いた。

――もうすぐ結成3周年を迎えますが、この3年間でどんな変化、成長がありましたか?

藤咲:結成したばかりの頃はライブの経験もほとんどなくて、ライブ会場それぞれの雰囲気をつかんでライブをすることができていませんでした。でも、最近のHello Youthは、イベントや対バンライブの時は「対バンしてくださるアイドルさんのファンの方をどうやったら取り込めるのか」とか、ワンマンライブだったら「今回はどんな意図を持ってライブをするのか」など、その時の目的に合わせた熱いライブができるようになったんじゃないかなって思います。

――昨年はコロナ禍の影響もありライブはあまりできなかったと思いますが、今年はライブの数も増えていますよね。

大島:はい。ライブができることがありがたいなって思います。

――改めてHello Youthのライブの魅力とは?

大島:今は声出しとかができないんですけど、その状況の中でも腕を一緒に上げて、「どうやったらお客さんを盛り上げることができるのかな?」って考えています。“一緒に楽しめる”のがHello Youthのライブの魅力だと思いますから。

――現在、3周年ライブに向けて、「ソロ曲争奪戦」が行われていますね。

大葉:メンバー同士で“戦う”のは初めてです。仲が良いというのもHello Youthの魅力のひとつですから、“楽屋がピリピリするのは嫌だな”“ファンの方同士がバチバチするのも嫌だな”と思ったりして、最初はどんな気持ちで臨んだらいいのか分かりませんでした。でも、3周年に向けて盛り上げていく企画のひとつなので、ファンの人たちと一緒にみんなで楽しんでいけるようなものにしたいなって。負けたら悔しい気持ちにもなりますけど(笑)、今はHello Youthを盛り上げたいという気持ちの方が強いですね。

――同時に、6月末まで2期生の募集も行われていましたが、どんな方にメンバーになってほしいですか?

藤咲:私たちの活動は練習も結構ありますし、ライブも山あり谷ありというか、メンタル的に弱い子だと厳しいと思うので、元気で力強くて、一緒に青春を感じてもらえる子に入ってきてほしいなって思います。

大葉:アイドルは歌やパフォーマンスも重要な部分ではありますけど、「始まる青春」がキャッチコピーなので、一番重要なのは気持ちだと思うんです。アイドル活動未経験の子でも、歌がそんなに得意じゃないっていう子でも、アイドルとしての活動に対して私たちと同じぐらいの熱量を持っている子なら誰でも大歓迎です!

大島:今年、学生を卒業するメンバーも多いので、学生で今リアルな青春をしている子が入ってきてほしいなって思いますね。そういう子が2期生として入ってくれたら、グループ自体もフレッシュになりますし、私たちもいい刺激を受けるんじゃないかと思うんです。
――7月18日(日)にはグループ結成3周年ライブが行われます。

藤咲:Hello YouthがDRUMLOGOSでライブをさせていただくのは今回が3回目。1周年、2周年、そして今回の3周年と、周年ライブをいつもDRUMLOGOSさんにお世話になっています。1年目はコロナとか全然ない頃で、800人の動員を目指していました。まだまだ実力不足で埋まらなかったんですけど、「来年頑張ろう!」っていう気持ちになりました。2年目はコロナ禍で入場制限がありながらも満員にすることができたのが嬉しかったです。今年の3周年もコロナの影響で規制はあるんですけど、そんな状況でも絶対に(会場を)埋めて、去年の熱さを超えるライブにしたいです。

――どんなライブになりそうですか?

田仲:去年と同じく、今年も生バンドでライブをやらせていただきます。

――ベースがISAKICKさん(175R)、ギターがキタムラチカラさん、ドラムが今村舞さん、キーボードがにしのえみさん、DJ&マニピュレーターが村カワ基成さん。豪華なバンドメンバーですよね。

田仲:はい。去年は初めての生バンドだったんですけど、歌も全部生声なのでかなり苦戦しました。今回は2回目なので、6人でサビを合わせる練習をしていても去年より成長しているなって感じます。

――3周年ライブを一緒に楽しむために「この曲を聴いてきてほしい」という曲を挙げてもらうとしたら?

平松:今、Hello Youthの中で一番盛り上がる曲が、「PARTY人生」という曲です。ライブでいつも最後にやる曲なんですけど、サブスクも解禁されていますし、YouTubeでライブ映像も公開されています。振りが覚えやすい曲なので、ライブまでに聴いてくれたらより楽しめるんじゃないかなって思います。

花城:Hello Youthは毎年“夏曲”をリリースしていて、「ハニー」「だって夏ですもん!」「Hello Summer」「満天サマーナイト」といった曲があります。3周年ライブは夏真っ盛りな時期なので、夏曲をたくさん聴いていただいて、ライブで一緒に盛り上がってもらいたいなって思いますね。

大葉:あとは、「僕らの唄」ですね。5大都市ツアーを行った時、ツアーのテーマ曲として作っていただいた曲で、歌詞の内容もコロナ禍に合っているというか、これまで私たちが言葉にできなかった悔しさとか、いろんな気持ちを代弁してくれているような曲になっています。

振り付けは私たちメンバーが考えました。振りを考えるのは心が折れそうなぐらい厳しい戦いで、振り付けが完成したのはツアーの2日前ぐらいで。ツアーを開催するためにCD2000枚を手売りするチャレンジもしたので、そういう記憶が蘇ってきてすごく気持ちがこもる曲です。

――3周年ライブ、そして2期生加入と7月18日はHello Youthにとって大きな転機となりそうですが、そこからの“4年目”で挑戦したいことを教えてください。

藤咲:3周年ライブが終わった後の4年目に個人的に楽しみにしていることは、遠征です。その時の状況もあると思いますけど、以前は多い時には月1で遠征に行けていたので、そのペースで東京、大阪、名古屋とかでもライブをして、全国にHello Youthの名前を広めたいです。たくさんライブを経験して、福岡に帰ってきた時に、福岡の中で最強だと思ってもらえるようになれたらいいなって。

平松:私は九州ツアーをやってみたいです。福岡が拠点のグループですけど、まだ九州ツアーってやったことがないんです。遠征もたくさんしたいですけど、地元である九州をしっかりと回ってライブをするというのも4年目だからこそやってみたいなって思いますね。

田仲:うん、やっぱり地元の方に愛されたいので、地元の祭りとかにも出て、Hello Youthをもっともっとたくさん知ってもらいたいです。

大島:新メンバーが入ってきてくれるので、4年目は新たなHello Youthを作っていきたいなと思います。私はそれが今すごく楽しみです。

大葉:今、私はメンバー最年少なんです。新メンバーの年齢はまだ分からないんですけど、Hello Youth1期生としてこれから先、支えていける存在になりたいなと思っています。Hello Youthとしても、個人としても、まだまだ磨けてない部分があるので、新メンバーと一緒にHello Youthをもっと進化させていきたいと思います!

花城:4年目、本当にいろんなことに挑戦していきたいと思っています。例えば、SNSを活用して世間に見つけてもらえるようなビッグなこともやりたいですね。去年は24時間マラソンなど結構ムチャな企画もしたんですけど(笑)、今年も初めてのことに挑戦してHello Youthが注目してもらえるよう頑張りたいと思います!