北海道文化放送(UHB)で放送中の「EXILE TRIBE 男旅」。7月4日(日)は、八木将康とDEEP KEISEIが、北海道の自然の力で美と健康を取り戻す旅を続ける「美・男旅」の第2弾を送る。

今回八木とKEISEIは、ストレスを抱えた体と心の不調を改善しようと、フランス政府公認ハーブ農家の国家資格を持つハーブの達人がいる旭川西神楽のハーブ農家へ。ここは、約2ヘクタールの敷地にハーブ畑とショップを持ち、心身の不調に合わせてオリジナルのハーブティーをブレンドしている。2人はハーブショップで仕事のストレスや生活の悩みを赤裸々に告白。代表の石田佳奈子さんは、40種類のハーブの中から、それぞれの悩みにあったハーブティーをブレンド。日本では珍しいカウンセリングによるハーブの調合とハーブティーの味に、2人は心身ともに癒されていく。

石田さんの調合するハーブは、自社の畑で育てたものだけでなく、自宅周辺の野原や森林に自生している季節ごとの野草や木の芽も一緒に調合。石田さんによれば、その人が暮らしている地域にある、その時期に生えている野草を取り入れることで心身の不調は改善するという。

八木とKEISEIは大雨の中、石田さんとともに自然の中に自生するスミレや松の新芽を夢中になって採取。石田さんの手によって魔法のように作り出される、自生している野草特有の野性味あるふれる味わいと地元食材をあわせた料理を満喫する。