テレビ番組に精通するライターの前川ヤスタカが、地方番組に注目し、レビューしていく。今回は宮城県の仙台放送で放送されている「仙台市青葉区 かのおが便利軒」(毎週日曜 昼0:55〜1:25)を取り上げる。

私は地上波民放テレビが4局しかない地方で育った。都道府県によっては民放が2局のところもあるのだから贅沢だと言われればその通りなのだが、テレビ東京系列の番組は放送されないか、されてもわけのわからない深夜とかだったので、浅草橋ヤング用品店だTVチャンピオンだと言われてもなんのことやらという感じであった。

しかし、良い時代になったものだ。今は日本全国どこにいても、TVerで東京キー局の番組はほとんどタイムラグなく見ることができる。そのうえ(番組にもよるが)1週間以上見逃し配信もされている。「笑っていいとも!」が夕方に放送され「お昼やーすみはウキウキウォッチング〜」と歌われてもしらけるばかりだった地方の人も、まったく負い目を感じる必要はなくなった。ビバTVer!

さて、このようにTVerで事実上のエリアフリーが実現すると、メリットを受けるのは地方在住者ばかりかというとそうではない。逆に首都圏にお住まいの皆さんも、地方の番組がタイムラグなく見られるようになっている。

かつて関西出身者が、実家からわざわざ「探偵!ナイトスクープ」の録画ビデオを送ってもらったりしていた時代があったが、もうそんなことはしなくていいのだ。お気づきかと思うが「あるある」がいちいち古い。そう、私は「ザテレビジョン」の表紙でMr.マリックがレモンを持たずに空中浮遊させていた号をリアルタイムで買っていたような世代。ハンドパワーです。


話を戻して、試しにTVerでバラエティ番組のカテゴリを見てみると、170〜180番組あるうち、ざっくり3分の1くらいは地方局の番組である。

千鳥の「相席食堂」のようにTVerなど動画配信サービスのおかげで地方番組ながら大ブレイクし、キー局ゴールデンで特番まで組まれた番組もあれば、地元のアナウンサーが地域の観光・グルメ情報を淡々と伝えるような地元密着の番組もある。

今後もそういったTVerで見られる地方の番組の中から、面白そうなものをピックアップして、その魅力を語っていこうと考えている。

で、今回取り上げるのは、宮城県の仙台放送で毎週日曜昼に放送されている「仙台市青葉区 かのおが便利軒」。タイトル「かのおが」の「かの」は狩野英孝、「おが」はパンサーの尾形貴弘を指し、地元宮城県出身の両名によるバラエティ番組である。2018年の番組開始から現在まで続いている人気番組だ。

2018年といえば、狩野も尾形もなんだかんだあって好感度が落ちていた時期である。この番組も当初ナレーションで「いろいろ好感度の低いこの二人、地元愛され芸人を目指し便利屋を始めました!」と毎回言っていたように(現在は言わなくなっている)、二人の好感度を上げるため視聴者からの依頼に基づき人助けをするのがコンセプト。

「かのおが便利軒」という架空の便利屋を立ち上げたという設定のため、パンサー尾形は「尾形社長」と呼ばれている。これが地方番組っぽくてとても良い。北海道STVの「ブギウギ専務」における上杉専務など、この手の役職設定は地方番組では多く採用されている。


そもそも地方番組というのは、ごく一部の例外を除いて、大半はロケ中心の地域密着番組にならざるを得ない(でないと地方で独自製作している意味があまりない)。ただ、それだと見てもらえないので、まず目先を変えたいと思うのか、こういう「手前の設定がやたら多い」番組が目に付く。最終的にはこの手の設定は有名無実化していくのだが、芸能人が一生懸命設定を守ろうとする姿も、それはそれで微笑ましい。一つの味として楽しんでいきたい。

「かのおが」の話に戻るが、この番組は地方局アナウンサーなど進行役の人がつかず、基本的に狩野、パンサー尾形の二人だけで番組は進められる。芸人を大きく「いじる側」「いじられる側」に分類するならば、確実に後者に属するこの二人。東京の番組でキャスティングするなら、この二人の天然を生かすためにもう一人優秀なツッコミ役・進行役をつけたくなるところだろう。

しかし、それをしなかった英断が意外な結果を生んでいる。狩野がなかなか達者に進行するのである。

正直、パンサー尾形はいつものパンサー尾形なのだが、狩野は意外に隅々まで気を回して進行し、うまく一般の人から話を引き出し、尾形が少し空回りする場面もフォローしている。現在はコロナ禍でなかなか出来ていないが、以前は「かのおがオンステージ」と題したトークライブの模様もオンエアされており、そこでも力のうまく抜けたエピソードトークを披露し、安定して笑いをかっさらっていた。

東京キー局で見る狩野は、天然っぷりをいじられるだけだったり、何が面白いかよくわからないなどと言われがちな芸人だ。しかし、東京でその役回りを演じ、しぶとく生き残りながら、彼は密かに色々な技能を身に付けていたのである。

なかなか東京では冠番組を持つまでには至らない芸能人が、故郷で冠番組を持つというのはよくあるケースだ。そこで見せる「我が街のスター」の成長した姿、これこそが地方番組の一つの醍醐味である。

「かのおが」は、コロナ禍でロケが不自由な中でも、地元のラーメン屋を紹介する定番コーナー「かのおが便利麺」や、「水田プロジェクト」「かのおが体操」などの単発企画で地元を盛り上げるべく頑張っている。地方番組らしさのぎっしり詰まった「かのおが」をこれからもウォッチしていきたい。

文=前川ヤスタカ