A.B.C-Z・橋本良亮が単独初主演を務める、7月期ドラマ「痴情の接吻」(毎週日曜夜11:25-11:55※初回は30分押し予定、ABCテレビ[関西ローカル]/テレビ朝日では毎週土曜夜2:30-3:00※初回は20分前倒し予定)の第1話が、テレビ朝日で7月3日(土)にスタートとなる。

同ドラマは、雑誌プチコミック(小学館)に連載中の、累計140万部を突破した人気作を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリー。ドイツ帰りのハイスペック男・上条忍を橋本が、上条が唯一執着する高校時代の同級生・柏木和華を中村ゆりかが演じる。

また、上条と和華の高校時代の同級生・鈴木岳を井上祐貴、和華の元カレ・里島敦を大平修蔵、岳の上司の大学教授・戸石哲郎をマツモトクラブ、和華を溺愛する父・柏木正和を池田鉄洋、和華の母でよき理解者・柏木華子を高島礼子が演じることも決定している。

さらに、主題歌に決定したA.B.C-Zの新曲「夏と君のうた」は、同作ために書き下ろされた楽曲。キャッチーなメロディーと、甘く、そしてどこか切なさを感じさせる歌詞がドラマを盛り上げる。

■注目の第1話では――

和華(中村ゆりか)が働く図書館に、ある日、高校の同級生で10年ぶりにドイツから帰国した上条(橋本良亮)が現れる。上条が両親の都合で渡独して以来の再会だったが、和華にはまるで感動がなかった。むしろ、その脳裏には、高校の図書室で上条からいきなりキスされた時のトラウマがよみがえっていた。

そんな和華の気持ちを知ってか知らずか、帰国したての上条は和華を不動産探しに付き合わせる。折しも、両親が海外移住を決めたことで、実家を出なければならなくなった和華も、大量の本とともに移り住める手頃な物件探しの真っ最中。条件に合う部屋が見つからず困っていたが、そんな和華に上条は、間取りも家賃も完璧な物件を提示し同居を提案してくる。

浅はかと思いつつも因縁の男との同居をスタートさせる和華。その初日、早くも上条の唇が和華の唇に――。

という物語が描かれる。

公式HPなどの予告動画には、上条が「僕のこと、好きになってもらう」と大胆宣言する場面や、図書館、寝室、キッチンなどあらゆる場所でキスするシーン、さらに上条が和華をバックハグする姿、ラブシーンなど、衝撃的な映像が公開されている。

第1話放送を前に「スタート前から攻めた予告」「平常心で見られるだろうか」「直視できない!」と、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「痴情の接吻」第1話は、7月3日(土)深夜2:10よりテレビ朝日系で放送。