女優の石田ゆり子が、6月30日に自身の公式Instagramを更新。6月4日に出版した「ハニオ日記」(扶桑社)についての取材を一切受け付けていない理由を明らかにし、話題になっている。

この日、石田は「ハニオ日記が本屋さんに並んでるのを直にみたのはじつは今日が初めてなのでした。全国の書店さまたくさん並べてくださり、本当にありがとうございます。」とコメントし、自身の本を立ち読みする姿の写真を投稿。

ファンからは「本屋にゆりちゃんがいるなんて」などのコメントが寄せられていた。

さらに続けて「ハニオ日記に関して わたしは実は一切取材を受けておりません その理由はあまりにもわたしの私生活なのでなんというか… 聞かれても困ることも多々ありまして。 読んでくださり、それぞれのみなさんの心の中で自由に存在してくれればいいと思っているので、 私が改めて語ることはなにもないのです」と取材を受けていない理由を告白。

この投稿を見たファンからは「そういうところだいすきです」「ちゃんとわかってるよ」「素直なゆりこさんの生活が滲み出ている本ですもんね」「大切にしたい本に出会えて嬉しいです」など温かいコメントが寄せられている。

「ハニオ日記」は、彼女と共に暮らす動物たちの“なんでもない”毎日を、5年間に渡って点描し続けた記録を全3巻にわたりまとめたもの。石田はこの本の印税をすべて保護犬、保護猫たちのために使うことを公表している。