三浦貴大が主演を、剛力彩芽がヒロインを務める「彼女のウラ世界」(毎週月曜夜0:25-0:55、フジテレビ※第3話は夜0:45-1:15)の第3話(TOSHIRO SIDE)が7月5日(月)に放送となる。同作は、男性の目線の「TOSHIRO SIDE」、女性の目線の「AKIKO SIDE」という男女それぞれの目線で二つのストーリーが描かれる作品となっている。

同作は東京カレンダーwebサイトで連載の小説をドラマ化したもの。制作会社でドラマのディレクターをしている西村敏郎(三浦貴大)が、3年付き合った近藤明子(剛力彩芽)にプロポーズをするが、翌日彼女は婚約指輪を置いて姿を消す。消えた彼女の真実と共に彼女の足跡を追う男の本性が明らかになっていく物語が描かれる。敏郎の同僚として働くTV局プロデューサー・山手香澄を西田尚美、脚本家・小宮大介を杉山ひこひこが演じる。

■注目の第3話
インスタグラムで明子(剛力彩芽)らしき写真を見つけた敏郎(三浦貴大)は、コメントから手掛かりになるバーを見つける。店に向かいバーテンダーに明子の写真を見せるが、記憶にないと言われ手掛かりは途絶えてしまう。

その夜、台本直しに行き詰った脚本家の小宮(杉山ひこひこ)が敏郎の部屋を訪ねてきて、逃げた敏郎の彼女の手掛かりがないか部屋を物色していると、インターホンが鳴り、明子の代理と名乗る見知らぬ美女が訪ねてくる。

――という物語が描かれる。

第2話の終わりに流れた予告には、「この子、近藤明子って言うんだけど知ってます?」と敏郎がバーテンダーに明子が写っている写真を見せる様子が流れた。また、小宮が敏郎の家で明子が残したバッグを見ながら「愛と金の結晶は捨ててくれってことか」と話すと、敏郎が「やめてよ」と小宮からバッグを取り上げると共に、不安気な表情を見せている。


「彼女のウラ世界」第3話(TOSHIRO SIDE)は7月5日(月)、夜0:45よりフジテレビで放送。